FC2ブログ

基礎講座Ⅱ(2017.3.2)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり

【本日のテーマ】
コミュニケーション④ うまい質問

【身体法】
・IM基礎身体法

【本日の講座内容】
・質問―相手から的確なことを聞き出すこと。
・コミュニケーションの原形―質問と応答
・質問辞―どんなことを聞くか。質問の最後の言い方で意味が違う。
・参加者各々に質問の内容を確定させて、質問させる。
・質問に答えてもらうためには、誰にでも通じる声が必要。IMでは、相手に通じる声を身に付けることを目指す。

【担当助手感想】
疑問形にして質問するときの語尾の音の違いで、何を聞きたいか内容が分かる。その設定があいまいだと、どう答えていいか迷い、判断がしにくいことがよく分かった。短文の質問でも十分質問の意図は伝わるので、はっきりと明確に伝える声を身に付けることは重要だと感じた。

【本日の磯貝語録】
・質問がうまくなると、答えがうまくなる。
・コミュニケーションが上手くなると、生きることが楽になる。

【参加者の声】
・若者言葉は、メディアで強調されパターン化していると思ったが、多様性があり文化になっていると実感した。
・ハンディキャップのある人に通じる声が、IMの原点だいうことが印象的だった。
・若者言葉のほうが、エネルギーがあり通じやすい。

20170302
文責 菅家ゆかり
関連記事