FC2ブログ

歌・演奏(7/6)                                  《音楽系》

7/6(木)歌・演奏

 磯貝塾長・和田講師「智恵子抄を歌う」
〈個人曲を固める〉
・Aさん「あなたはだんだんきれいになる」
   情緒的にきこえる→伸ばしている音、フレーズの終りが抜けてしまうため
   伴奏の3連符が何を表現しているのか(テーマ)をまずは自分で決めてみる
   伴奏の変化をテーマの変化として考える
   例えば伴奏=智恵子の内面をかんがえ、それぞれがどういう状況かを考える
   光太郎が智恵子を観察しているように歌う。自分が歌うのではない
   音楽、言葉、光太郎の3つが合わさったものをつくる

・Bさん「人に」
   淡々と歌うこと。芯はしっかりと通っているが全体(身体)はゆったりとしているように
   歌うということを体が頭を指令するのでなく、頭が体に指令して動かす(冷静に行う)
   音楽と同化すること。激情の歌ではなく、冷静な歌である
   激するのは曲の最後だけ
   なぜこの曲が最初にあるのか?⇒全編を通して大切なことが詰っている
   各曲のエッセンスが盛り込まれている。それを感じながら歌うこと

・Cさん「あどけない話」
   なぜ光太郎は「あどけない」という表現を使ったのか?
    智恵子と光太郎の感じ方の差にあどけなさを感じている
    (東京の空が悪いと言っているのではない)

・Dさん「風にのる智恵子」
   歌が始まる部分は自分で曲をつくらなくてはならない
   (伴奏がないため)リズムをはっきりさせること
   自分が納得して歌っている個所が少ない
   智恵子をもっと小さく、機敏なものとして表現したほうが良い
   もっとノドをおろして開くこと。口で言葉をつくらない。響きは奥に

・Eさん「値ひしがたき智恵子」
   光太郎の内側の苦しみ、緊張感を表現している曲
   全体的にもう少し不安定であってよい

・Fさん「レモン哀歌」
   言葉の子音はしっかり立てる。「むかし」「あなたのきかんはそれない」
   「トパーズ色の香気がたつ」フレーズとして大きくつくる
   「あなとの青くすんだ眼が~」パッとひきつけられた状態として表す
   100分の1秒単位の変化を見ている
   下顎でつくろうとしない

・Gさん「荒涼たる帰宅」
   ハナを閉じた状態でずっと歌う。響きを奥に逃がさない。硬口蓋に当てる
   言葉をもっと前に出す
   軟口蓋は張ったままにしておく

 ◆本日の磯貝語録:声楽家の位置でうたう
関連記事