FC2ブログ

コミュニケーションのLesson(2018.02.15)

講師:磯貝靖洋
助手:菅家ゆかり

本日のテーマ:話し文を作る/理論、心理、事象

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・股割り+耳ストレッチ

【講座内容】
―話し文を作る(話文)―
・話文を作る=思い、考えること(事象)を、改めて組立て同時に音声化する。
 ①何を説明したいかを明確にする
 ②何故話すのか(動機)を正確にし、それに沿って話を作る
 ③目的、意図、終着のかたちを具体化する

◆何を言いたいのかは頭で考える、何故かは心で考える。
 頭で考えたことだけでは相手は満足しない、心に引っかかることを伝えると
 相手を惹きつけられる。
◆思い、考えは頭のこと、これを心に下ろしていくことができると相手に伝わる。
◆心の感性があると、相手の心に残り役立つものになる。
 コミュニケートするためには、心を訓練すること。
◆話す時、心に聴く、心で考える。
次回はスピーチの実践。

【担当助手の感想】
・話すことは、頭で考えがち、表面的に捉えて話してしまうことがあると気づかされた。
・心で考える、頭で考えたことを心に下ろすことの大切さを実感できた。参加者も頭で考える傾向が強かったが、心の感性を育て多方面に興味を広げる、楽しむことが心の感性につながることを理解してもらえたことが伝わってきた。

【本日の磯貝語録】
・思い、考えは頭のこと。それを心にまで下ろすこと。話しは心で考える。
・話を溜める。一度話そうとすることを脳に記録する。この行為が重要である。

【参加者の声】
・話文の作り方の3要点が、初めて確認したので印象に残った。特に何故話すのかが、心に残り興味がわいた。

20180215
文責 菅家ゆかり
関連記事