FC2ブログ

俳優発声初級(9/20)                            《ことば系》

9/20(水)俳優発声中級

・文章を読む「停車場にて」(磯貝塾長)

  文章を読むとき難しいのは、接続詞や文章の末尾

  どのように自分の中に意味づけするか?
  人が読んでいる時も、テキストを見るのではなく音を聴くこと。音から意味を取ること
  字(テキスト)をみて読むのではなく、目の前にいる人に話すクセをつける
 ◎自分の中に実体化することを「意味付け」と言う

  考えてやっているのではなく、そういう生理になっている
  わからない所はニュアンスで伝えようとするが、全部音にして自分の実感を見つけていく

  「のど落し」にしない → 口ではなく、喉がビリビリしていると周りにも聞こえる
  「のどと腹読み」 → 喉と腹に落ちていて、それが前に出ていること
             みぞおちから前に出す
  
  外に意識 → 目で話す
  字読みではなく、しゃべり読みをする
  頭の中にある意識を全部外に出す
  憶えていることを全て捨て、からっぽにする

  前(客)の実感をつかむ (自分の前の実感)
  どこで息をつくか、どこで意味がつながるか、誰の立場か

  のどを鍛えるのは、息を吐く(出す)ときしかない
  台詞は強いエネルギーが要る。それを弱めにコントロールする
  エネルギーの弱い人が、大きな声を出すから枯れる

 ◆本日の磯貝語録:自分の中に実体化することを、「意味付け」と言う
関連記事