FC2ブログ

歌・演奏(9/21)                                 《音楽系》

9/21(木)歌・演奏

 和田講師による講座

<エクササイズ>
 ・ジャンプ×3を1セットとする。1,2,3の3で高く飛ぶ。5分くらい続けるとよい
 ・ジャンプをしないで、高く飛んだ時の感覚を再現する⇒みぞおちと丹田の間の感覚
  そして、頂点でCDが回転しているかのようにイメージする

<Prison フォーレ>
 ・上記の感覚を持ちながら歌う。
  穏やかな伴奏と同調するのではなく、常に内側が動いている(震えている)ように
  特に「Mon Dieu」までは内側に押さえ込んでいて、Mon Dieu」からは押さえていたものが取れ
  溢れてくるように
 ・1人ずつ歌ってみる(1曲全部ではなく部分で) ⇒ 1人ずつのリズムをつくるため
  長い音符は鳴らしてよい。圧力をかける。丁寧にし過ぎない
  フレーズの前半(短い音符)は圧縮させる。次の長い音符を引き出すために。長い音は伸ばしても
  CDが回転しているように動いている 
  1つの表現方法を考えたら、それと反対の方法を考える。そしてまた、どちらとも違う方法の最低
  「3つの」表現方法を考えること。そして、どの方法でも「できる」よおうにしておく。そのうえ
  で、どの方法が合うのかを吟味すること
  
<Dune Prison アーン>
 「Quas-tu fait」以降をそれぞれつくってみる
 「Dis!」のあと「toi」の前、「de ta」の前で切って音楽をつくりなおす
 「jeunesse」は最後の「Le ciel」につながるところ(a tempoにもなる)ので圧縮はせず、次への
  かけはしとする
  テヌートのあるところでは、アクセントや重くするということではなく、ここではイレギュラーな
  動きとして示されている

<Automne フォーレ>
  言葉の確認
  リズム読み、歌ってみる
  12/8拍子 ⇒ タテの拍ではない。常に移動しているリズム
関連記事