FC2ブログ

俳優発声中級(9/27)                            《ことば系》

9/27(水)俳優発声中級

[1]ストレッチ(各自)と声出し

[2]音取りの方法(磯貝塾長)
 ・聴く:頭部の耳の上の部分意識を集中し、音を聴く
  (ピアノを使い様々な実験。聴く→ひびきをとらえる)
 ・音の高さで思いが違う(ピアノを使い、音高を変え同一語を話す)
 ・音の高さで身体の反応する位置が違う(共鳴する位置が異なる)
 ・相手の音の高さの響きをとらえ、同所で発声する

[3]テキスト「停車場にて」
  作者の想起・・・身体のどこで思ったか
  ・想像力の元 ← 経験から
  ・読み手の思いにするのではなく、作者の思いを表現する
   
   ①頭で聴く(耳上の位置) ②語の実感 ③筋をつくる

   これらを同時にやりながら読む

 ◆本日の磯貝語録:人は、その人固有の振動音を持っている。それを訓練で広げることにより、
          巾広い声や音に感応できるようになる。当然巾広く発する事もできる様になる
関連記事