FC2ブログ

美しい日本語の歌(2018.06.02)

講師:磯貝靖洋
助手:酒井真理子

本日のテーマ:心が喜ぶ童唄
(かごめかごめ、ひらいたひらいた、通りゃんせ)

【講義】声の出し方、鳴らし方
○喉(源音)、口(構音)、鼻(共鳴)
・日本語は、(昔は)あまり鼻を使わなかった。
・言語によって「音の領域」がある。同じ音楽(音符)でも言語が違うと全く違う歌になる。
・ラテン系は「鼻」まで、独語は「耳の後ろ側」まで使う。
 日本語は「下顎と眼窩」。
・生活言語では、舌広く下顎と仲良し。この状態だと音域狭く、喉が嗄れてしまう。


美しい日本の歌講座風景20180602

【講座内容】
◎発声:響きのある声
 「盆の窪」を意識してハミング。但し、声は「声帯」から「鼻穴」へ出る。
 ※緊張が高い人→肩口から首の後ろ側を叩いてもらうと、音とりやすく出しやすくなる。

◎童歌=子供の歌、軽い声。
・お母さんの「子守唄」(意味のあるような無いような声)
・元は大人が歌っていた何かを、子供が真似て歌ったのがはじめ。

◎課題曲歌唱
♪かごめかごめ
♪ひらいたひらいた
♪通りゃんせ
・立位足踏みなど身体動かしながら歌う(緊張をほぐしながら)。
・ブレスは「鼻から吸う(鼻水をすするように)」。温かい空気をゆっくり吸える。

【担当助手感想】
今回は「鼻」に注目!
わらべ歌は子供の歌なので、意外と音域が高い。だからと言って、力んでしまっては声が出ない。
お風呂で「鼻歌」の感覚。歌は本来、リラックスして楽しんで歌うもの。

【本日の磯貝語録】
・顎いっぱい吐かず「鼻の幅」なら歌える。
・歌の効用は、聴いている方も、歌っている方も活き活きしてくる。

【参加者の声】
・「緊張してガチガチで歌うもの」と思っていたが、ゆるめて歌って良いということにびっくりした!
・高い声は、力んだら出ない。普段話しているところと違うところを使ったら、出てしまった!
・意識が、首から背中に響いている事が分ってきた。そこでもっと出したい!

20180602
文責 酒井真理子
関連記事