コミュニケーションのLesson(2018.06.30)

講師:磯貝靖洋・益田喜晴
助手:菅家ゆかり

本日のテーマ:コミュニケーションの形と方法

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
 シャバアーサナ(死体のポーズ・身体の力を抜き、全身を軽くゆする)
 ―自分の身体とコミュニケートする。

【講座内容】
・コミュニケーションの形

 ①COMは―双方向、インタ―ラクティブであること。
 ②COMは、言葉を使った交流、談話。
 ③自分と他者との関係で、2者間にベクトルの橋を架ける。相手と付き合っていく。
 ④COMの原則
  1目的・2内容(どんなこと)・3誰と(相手 他者)
  4形態(どんなやり方で)・5環境(どこで、時間)

 
 〇質問する→言葉が返ってくる→受ける→反応を返す 

 ⑤COMの必要条件
  1親和的であること。2お互いを理解する。3相手の話を受けて聴く。
  4信頼関係を築く。5了解し和解が起こる
 
 ・まずは、自分を認め、自分と話して了解する。
 ・相手と一緒に何か行動したい。そのために対話する→COMが成立する。

【磯貝語録】
 ・COMは生き合うことであり、それが大原則である。
 ・COMは自分を了解する前に、自分に嘘をつくことが必要。

【参加者の声】
 ・今日一番の気づきは、自分を「こうだ」と決めてしまっていたこと。

20180630
文責 菅家ゆかり
関連記事