FC2ブログ

歌発声中級(10/5)                               《音楽系》

10/5(木) 歌発声中級

■ストレッチ
 ・各自
 ・森下講師
  ・けんよう垂を引き上げる→喉の奥の壁から離す
  ・2人組みでバーにつかまり、背・肩のストレッチ。一方はその補助で
   背や肩を押してあげる。手を交差してつかまり同じことを行う。
  ・前屈、ロールアップ(背骨を一つずつ感じるように)
  ・ジャンプして体の力を抜く→着地して止まると同時に横隔膜を広げて歌う姿勢になる

■講座「頭部共鳴発声法」(塾長)
(1)前頭発声
  頭声発声  こめかみから中心に向かって響かせる。
  ・前頭共鳴  響きが鼻骨まできていること→そこからこめかみへ
         ※喉が聴こえてはだめ。響きに変える。

■“Non ti scordar di me”
もっと薄い声で

 *こめかみの響きを感じる
  喉を動かして音の高低をつけない。同じところで出す。息と響きだけで出す。
  もっと前面。首はゆるめて、前胸部・腹部で支える。

 ※“Ⅰ”で歌う
 ・音を高くするためにはみぞおちを下げる。
  蝶形骨で歌う。

 ※2人ずつ歌う
  Aさん:喉歌いの癖を取りたい。下あごからあごのジョイントを柔らかくすること。
  Bさん:鼻から息を吐く練習をする(鼻から吸って吐く) 
  Cさん:足から首を立てる。下あごに頼らない。下顎を前に開かない。
  Dさん:息を吐く吸うが活発だと良い
  Eさん:けんよう垂の裏側を鳴らす。喉を降ろすこと。
 
 ※立って歌う
  喉の声を聴かせない。鼻の声で。
  息を早く。
 高い声をPで出せる→前頭発声
  喉頭を2mm動かしたら音が変わってしまう。
 
  練習:鏡に映してこめかみを意識して歌う

★本日の磯貝語録・・・喉を降ろす。軟口蓋と喉を同時に開き、喉頭の位置で上に上げず、
          前に吹くように声を出す。
関連記事