FC2ブログ

コミュニケーションのLesson(2018.07.07)

講師:磯貝靖洋・菅家ゆかり
助手:益田喜晴

本日のテーマ:スピーチの理解とことば

【身体法】
・磯貝メソッド基礎身体法
・耳栓ウォーク

【講座内容】
◎スピーチとは、話文として伝えること。話文
〜まずは自分の思いを難しく考えずに、声、ことばにして話す。

◎スピーチの基本
・根拠がある事
・意図と説得が必要
・本心を語る
・納得、了解

コミュニケーションは拡散ではなく、収斂。

◎COMの条件
・ある一定の合意が必要=メッセージ
・自分のポジション(位置)、立場を明確にする。
・COMにのる。質問する。
・自分の考えを外で考える。

◎言説=言葉によって話の筋を通す
・漠然としたものをわかるようにする事が言説→自分にひきつけない。
・言説内容=メッセージ→私的→共的→公的/行ったり来たりしながら自分の立場を明確にする。

◎スピーチ演習
・テーマ:私の「夏の楽しみ」

◎真剣な本心と本心のやり取り
・本心を出す術に長ける→素直になる訓練。
・スピーカーとリスナーの心と心の問題。
・COMの原型がスピーチ= ○事実 ×情報
・対多数だけでなく、対一人、対自分のスピーチがある。

【磯貝語録】
・「間違ってはないが正解ではない」の上にしかCOMは成立しない。
・「当たり前がくずれてきた」そんな時代だからCOMが必要。
・思考の許容量が超えた時に逃げずに何かしようとすると、COMが生まれる。ディスカスが始まる。
・COMはフラクル故に年中考える。

【参加者の声】
・受身だけでなく、発信も必要だと思った。
・本心を語る事のハードルが高い。

20180707
文責 益田喜晴
関連記事