FC2ブログ

表現・発声クリニック(10/6)                          《共通系》

10/6(金) 表現・発声クリニック
■「サ行子音個人指導」(塾長)
 先生と対面に座り、'サ行子音 矯正テキスト’を読んでいく。
 
・音と口唇を矯正するにはオノマトペが良い。
 (鏡を見て、音と口唇をよく連動させて練習すること)

・言葉は自分自身で作ってきたことだから丁寧に時間をかければ直すことが出来る。

・自分の声を守るのは役者の義務。

・「声を出せ」という脳からの指令は「喉(声門)を閉じろ」という指令。
 (声を出しすぎて喉を使い過ぎたら、必ず体を緩めること)

・喉に近い音を出せば出すほど喉は悪くなる。
 (具体的には、痛い、又は、嗄れる)

・息は吐くものではなく流すもの。 
 (口腔の中を鳴らし、その残りが口唇から外へ出る)

★本日の磯貝語録・・・知覚と感覚は本人の在り様である。
関連記事