FC2ブログ

俳優発声中級(10/18)                           《ことば系》

10/18(水) 俳優発声中級

[1]各自身体訓練

[2]講座「『心』とは何か?」(磯貝塾長)
  <感情の演技―情動表現> 資料参照

   感情には必ず原因がある。→その原因は、複合的である。

 【情動】顔表出→上肢表現→全身表現→声、ことば

  <感情のクラスター分析> 資料参照

   相手役が興した感情と自己が受けた感情とは別である。

 ◎人の情動にとって重要なことは、
   ①外から刺激(情報)を受けたとき
   ②刺激により、自らに興る感情・情動
  との間には必ず、差がある。
 
 ◎俳優は、外の状況や、相手役のセリフ等の情報(刺激)を受け、
  精神的、肉体的反応をする。しかし、その反応は、自由選択出来ずに、
  次の自分のセリフを結果とするような反応を興さなければならない。
  ある決められた結果に落とし込んで行かなければならない。

 <対話 受け台詞の心理メカニズム>

  相手役 → 指定セリフから、自己の  →→  自分      相手役
  の台詞 → 複数の感情を設定し、        の   →→  or
        身体化し、セリフを発する(←←) 受け台詞     観客

◆本日の磯貝語録:芝居のセリフは必ず情動を伴う。
         しかし感情のエネルギーは極端に強く高いものではない。
         そして、どんどん変化するものである。
関連記事