FC2ブログ

美しい日本語の歌(2018.12.01)

講師:磯貝靖洋
助手:酒井真理子

本日のテーマ:秋冬は楽しい歌がいっぱい④
(故郷、月の沙漠、こどもの楽隊)

【準備】
◎正立位…踵合せ(つま先60度位開く)
 内股を締める、その時にイキをスッと鼻から吸う
 人差し指を左右の奥歯で噛んで、「アー」発声
・目を「閉じて」「開けて」音を聴く。その違いは?
 →目を開けた方が、音が高く、鮮やかに聞こえる。

【課題曲歌唱】
①『故郷』
・「人中」の高さ、上が広がっているところで歌う。
 ↓
 歌っている自分が気分良い。聞いている人も好感持ちやすい。
・「鳩尾(引きあがって)」と「へそ下(お腹ぺしゃんこに)」に手を当てて、
 鼻穴からの息を鼻先でクルッと回す。
・歌の息・言葉は、上額から上、鼻の幅(縦)。

②『月の沙漠』
・伸ばしている所が多い。←日本人が好きな理由
 「どっこいしょ歌」になりやすい。
・長い音に向かっていく。長い音符も次の音に持っていく。→ハイカラ版
・2番歌詞:きんのー・・・「ん」はあまりなくて良い。
 全ての言葉を音符通りの長さ歌う必要はない。
  ↓
◎息が流れて歌いやすい。いろんな歌い方に対応できる。
・4番最後「砂丘を越えて~」からは少しゆっくり。
・しゃべると良い。長い音を歌いすぎると疲れる。

③『こどもの楽隊』
・譜面上の特色を歌おうとする。
 「ぴっぴっ どんどん」←スタカート(笛や太鼓、楽器の様に歌う)
 「こどものがくたい」 ←レガート(流れる様に歌う)
・「どん どん」をひとつに歌う。2つにすると遅くなる。

【前回の復習】『里の秋』
・「懐メロ風」で少しゆっくりと。
 「モダンに」2拍振りで、スピード感を持って、流れる様に。
 それぞれ歌ってみる。
  ↓
 懐メロ風:しみじみする時間が必要
 モダン版:言葉の意味が分かる


【担当助手感想】
・本日の本当の磯貝語録「音符通りに歌う〇〇!」
 言葉をしゃべると良い。長い音を歌いすぎると疲れる。
 森進一さんの歌い方は進歩している。
・その音楽が“生きる様に歌う”。それがセンスが良いということ。
 自分勝手に好きなように歌うのとは違う。


【本日の磯貝語録】
・音楽は「共有感」。絶対感ではない。
 音楽はいつも「晴れ」ていること(上が広がっていること)。
・日本の世俗歌は、聞く人に合せて歌い方を変える。
 100年近い歴史があるので、その“時代”も考慮して歌うと良い。


20181201
文責 酒井真理子
関連記事