FC2ブログ

月刊「聲の力」 第22号(2017年11月 1日 発行)

▼月刊『聲の力』2017年 10月号▼━━━━━━━━━━━━
本メールは「声とことばの磯貝メソッド」がお届けするニュースレターです。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ (2017年11月01日 発行)

朝晩の空気が涼しいから肌寒いに変わってきました。秋の深まりを感じます。四季の中でも秋は、○○の秋とその秋のテーマや目標とセットで表現されます。読書の秋。スポーツの秋。食欲の秋。芸術の秋、etc.
春が自然のリズムとしても社会の動き的にも一斉に動きだす季節なのに対し、秋は春夏と走り続けてきた動きを少し緩めて自分の興味や好奇心を広げたり、深めたくなる時期なのかもしれません。
皆さんの秋はどんな秋ですか?

__________________________________________________________________________________

■□VASC設立10周年記念公演 Vocal Arts Theater No.8「美しい声の日本語を語り継ぐ 雅な世界」レポート■□
_________________________________________________________________________________

10月1日(日)Vocal Arts Theater No.8「美しい声の日本語を語り継ぐ 雅な世界」が大盛況のうちに幕を下ろしました。

本公演は、声とことばに多方面にアプローチしている磯貝メソッドらしく、古典の語りあり、大和ことばを通して日本語の魅力を再発見する演目あり、日本の美しい歌ありと多彩なプログラムをお届け致しました。
そして全ての演目に雅楽奏者の太田豊さんをお迎えしました。太田さんの奏でる和楽器の音色が、各々の演目をより華やかで雅なものに変えてくださいました。
今回はそんな多彩な演目がどのような様子だったのか、少しだけお届けします。

第1部 “源氏物語”「葵の巻」より - では、源氏物語を古文のまま演じました。普段は個性豊かで自己主張の強い地語りの面々ですが、この時は息を合わせ声を合わせ、自己主張を封印し、千年前の時代の美しさを語りました。個性は殺さずに、13人の語り部の声が1つの声となって物語を紡ぎました。今回お届けした「葵の巻」には六条御息所が「物の怪」となり葵の上に憑りつく有名な場面があります。自分の意志とは裏腹に、強い想いが身体を抜け出し物の怪となって彷徨う御息所の有り様を、2人1役で演じ視覚的にも美しく楽しんでいただきました。

第2部 “大和ことば” の雅を熟す - では、学校という設定で出演者たちが“大和ことば”について考え、その言葉を身の熟しを交えて演じました。「大和ことばってなに?」「今使っている日本語と違うの?」…。始めは「???」と客席に疑問符が浮かんでいましたが、出演者たちが表す大和ことばの数々に納得と共感が広がりました。会場全体が改めて大和ことば、日本語の雅を発見する機会となりました。

第3部では、美しき日本語「雅な歌声」と題して、みなさま良くご存じの歌を12名の歌い手たちが日本語の美しい響きを大切にお届けしました。大人数で歌う場合、高さでパート分けする合唱スタイルが一般的ですが、今回は全員が同一の旋律を歌うユニゾン法で、音を1つに、そして言葉を1つに研ぎ澄まして透明度の高い歌を奏でました。一見簡単そうに思えますが、同じだからこそ少しでも違う音が混じるとその違いがとっても目立ってしまう、実は難易度の高い挑戦だったのです。全員の息を、響きを一つにし、日本語の歌の美しさがホールいっぱいに奏でられました。

日本語の美しさ、日本語の雅をたっぷり感じられる一時となりました。ご来場・ご参加の皆様、どうもありがとうございました。

_______________________________________________________

■□ 磯貝メソッドからのお知らせ ■□
_______________________________________________________

[1]【10月~】秋のワークショップコレクション「雅をこなす」
――1講座1,000円です(10周年特別価格)! 詳細・お申込みは下記サイトへ。
http://isogai-method.com/

<第二段>11/19(日)
1.「笑い話」の朗読術(10:30~12:00)
2.「大和ことばの身のこなし」「源氏物語(其の二)」(13:00~14:30)
3.心和む日本の歌を美しい声で歌ふ(15:00~16:30)

<第三段>12/ 9(土)
1.クリスマス「キリスト教の雅」を歌う-ひと足早いクリスマス(13:30~15:00)
2.「大和ことばの雅をこなす」No.3(15:30~17:00)
3.怪談「小泉八雲集-むじな」を読む(17:30~19:00)
http://isogai-method.com/

[2]次のボイスチェックは、11/23(木祝)の開催です!
――声とことばの健康診断です。日本語を話す全ての方へ。
http://www.voice-check.com/

Q.ヴォイスチェックとは?
A.あなたの今の声、今の言葉が相手にどのように聞こえているかを何種類かの客観的データの検査を通し、総合的に診断。「改善のためのポイント」をアドバイスいたします。
““自分自身の状態に気づく”” そこから、「改善と進歩」が始まります。
『ヴォイスチェックサービス』が、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。
-----------------------------------------------------
★ヴォイスチェックを受ける目的は大きく2つ!
《その① 声のお悩み》
声が小さい・伝わらない・すぐに嗄れてしまう・・・など
《その② 客観的評価が欲しい方》
声を活用されている方
教員・講師・プレゼン・スピーチ・講演活動・役者・声優・歌手・司会 他
-----------------------------------
○時間:10:00~19:00のうち約90分(個別診断)
○料金:10,000円
---------------------------------
★今後の開催予定日:11/23(木祝)、'18/2/12(月祝)、3/21(水祝)

★予約状況はコチラから
http://www.voice-check.com/application_form.html

[3]【9月~】「磯貝メソッド東京塾」2017年度中期(9~12月)中途参加者・無料体験受付中!
――声とことばの基礎講座は、「声」「ことば」「コミュニケーション」の3講座展開!
http://isogai-method.com/

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
  編集後記
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
学生時代、古文は大の苦手でした。「あはれ」って?「をかし」って?本当に同じ日本人が書いたのか?いやこれが日本語なのか??古文なんて現代に生きるのに必要ないもんね!と心の押入れの奥の奥にしまいました。それから幾年月…。まさか原文で源氏物語を読むことになるとは…しかし不思議なもので、何度も何度も何度も何度も声に出して読んでいると読めてくるのです!何が起こっているのか、登場人物がどんな気持ちなのか…。あの頃の自分に「声に出して読め!」と教えてあげたい。(文責:日月貴子)
関連記事