FC2ブログ

俳優発声初級(11/7)                         《ことば系》

11月7日(火)俳優発声初級

[Ⅰ]ストレッチ(村上助手)
  ①手を上にあげ、上に伸びる
  ②腰から上体を倒す
  ③片足のかかとに重心をのせほぐす
  ④四股踏み
  ⑤逆向き四つんばいで歩行
  ⑥逆向き四つんばいで脚で床を打つ
  ⑦ネコのポーズ→肩入れ
  ⑧金魚運動

[Ⅱ]講座(磯貝塾長)
  「ことばの世界」に入っていく
  ・感じていること、思っていることは各々違う
   (旧士族の家系では「わからないことばははくな」の家訓で育つ)
   
   日常での"ことばの感情"について、相手とのすれ違い経験について
   塾生に尋ねる。→皆、経験あり。

  ・音声学的日本語の特徴
   舌面発声(前舌部構音)→舌面感情→舌面情動(口先で省エネで喋る)

  ◎"思い"、"情"とは肉体的なこと。
    現代人は(日本)、口内の舌面で思いをする。
    自分の頭の中でおこったことを口先に集めてしまっている。
    そして、思いというブラックボックスに押し込めてしまう。

    口先で物事を言っても伝わらない。それは自己のものでしかない
    (利己的言語)

  <<仮説>>
   舌面発声(舌面発語)によって舌面感情、舌面意志がおこる
   (思い、気持ち、感情)
   舌面語は弱い情動しか起こさないのではないか。

   なぜ、このようになってしまったのかを考えていかなければならない。

  「母音調音テキスト」
   全歯をとじ合わせたまま、舌、喉頭、咽喉、口唇をつかい発語する。
   (1)ア行 3つずつ回し読み
    ※音から意味をとっていく(外国語を学ぶようにとらえる)
      すると無声か有声かという問題がでてくる。
      また、高低、ストレスなどの変化もつけてみる。
      語読みをするが、うもれ音をつくらず発語すること。

    生命に直結していなければ、何をしても説得力ある表現になりにくい。
            ↓
    喉を使うこと(たとえ声を出さなくとも)

   (2)テキスト(i)を各自で読む
     母音「イ」について
       舌骨を使うこと(持っているものは、しっかり使う)

   (3)テキスト(i)サ行、全員で読む(磯貝塾長の後に続いて)
     この練習によって喉が降りやすく(開きやすく)なる。
     そうしたら鼻まで使えるようにする。

  ◎意味理解でなく状態理解をする
    一語一語に全部感情がある。感情、意志、意味がわいてくるまで読む。

  ・言語が歯の内側で明確に打てること。
   
   思いが先行すると、音をつぶしてしまう(思うところが口先であるため)
          
◆本日の磯貝語録
  音から意味をとっていく。
  ことばは意味理解でなく状態理解からはじめ、意味化する。
関連記事