FC2ブログ

実践朗読(11/9)                               《ことば系》

11月9日(木)実践朗読

詩-読み人によって違いが出やすい(想像力を要する)
   作者を意識しすぎず、踏み込んでいい。詩情を強く感じること。

歌い方-口腔の奥を開けて息を回す。「歌位置」でやる。
      ※息の幅が広いと、下奥歯にあたり、上顎にいかない。
       下顎、前部口腔に当てない。

歌-喋りとは違うことをやる。もっと選んで洗練したもの。
   口いっぱいでことばにするのは、芸ではない。

☆音程を付ける
 ・言葉のアクセントに合わせる
 ・くずしてもいい(が、変でないこと)。

◎啄木の短歌(8曲)を、フシ(棒読みでなく)をつけて、謡ふ。

◎「汚れちまった悲しみに・・・」
 ・芸人は、まず、ど真ん中をやる。真ん中のエネルギーでやる。
 ・「に」と「は」の違いを明確にあらわすこと。
         
◆本日の磯貝語録
  芸とは、日常とはちがう、気の充満したもの。   
関連記事