FC2ブログ

発声・呼吸月1(11/12)                          《共通系》

11月12日(日)発声・呼吸月1

[1]ストレッチ (西本助手)
 緊張と緩和(立ち)
  ・丹田に力を入れる→抜く
  ・顔面に力を入れる→抜く
  ・力を抜きながら軽くジャンプ→抜く
  ・歩く(緊張している部分をなくそうとする)
  ・片手を上、左右へ引っ張る→抜く
  ・両手を前、左右へ引っ張る→抜く
  ・力を抜いて前屈のあと、ロールアップ
 ①手をこすり合わせる(あたためる)
 ②手を合わせて(手と手の間は少し開け、空間を作る)
  「気」の玉を作るイメージで、その玉を大きくさせる
  それをイメージしながら、体をゆっくり大きく動かしていく(こんにゃく運動)
  ※常に気の玉を感じる

[2]呼吸 (西本助手)
 (1)丹田の出し入れ(呼吸につなげない)
 (2)丹田呼吸Ⅰ
  ・息を吸って丹田を張る 息を出しながら丹田をゆるめていく
  ・息は細く長く
   (できる人は丹田保持と合わせて呼吸)
 (3)丹田呼吸Ⅱ
  ・息を吸って丹田を引っ込めたあと、息を出しながら丹田をゆるめていく

[3]喉を降ろす、開ける (西本助手)
 (1)あくび(舌根を喉の下へ引っ張る
 (2)舌根を広げる
 (3)下顎から舌を離す(舌を細くする、舌をどこにもくっつけない)
 (4)音(「あ」)を胸骨に集める
   (胸骨に手をあてて、胸骨が響くかどうかを確認する)
 (5)喉を降ろした状態で、ことばをだしてみる その時は胸骨に響かせる
   アカサカ、 アオヤマ、 アサクサ
   EX1) 喉を降ろした状態で発声
   EX2) 舌を細くした状態で発声
 (6)歯を噛みしめたまま「イエアオウ」「ケイセイデンテツ」「イシキリバ」
   を発音してみる
   ※調音点に息をあてて、喉で音を作る

 <質疑応答>
  Aさん:舌を下げる時は、話しているときも保持したままなのか
  西本助手:基本は下げたままだが、子音も入ってくるので、
        ことばによって上がってしまう時もある
  Bさん:舌根を下に引っ張る運動は、日常どういう練習をすればよいのか?
  Cさん:あくびをよくする(喉であくびをしよとすること)
  Dさん:鏡を見ながら喉を上げ下げしてみる
  西本助手:電車の中で、喉を上げ下げしてみたり、良い声で話そうと
        してみる
  Eさん:舌を細くする練習はどうしたらよいか?
  Cさん:舌を横に振ってみる
  Dさん:舌を上下に引っ張るイメージ
  Fさん:舌を細くするのは、音を明確に出すためなのか?
  Dさん:歯と舌を離さなければ明確にならない
  Fさん:息の幅と舌の幅は関係しているのか
  西本助手:関係している
関連記事