FC2ブログ

発声呼吸入門(11/25)                            《共通系》

11月25日(土)発声呼吸入門

[1]ウォーミングアップ (沖田講師)
 (1) ストレッチ 丹田を中心に体をまわす
 (2) 股割り
 (3) 仰向けの状態で足の開脚
 (4) 仰向け~両つま先が頭の上につくように体を丸める(腰がのびる)
 (5) 肩入れ 四つんばいの姿勢から肩と頭を内側に入れ、伸ばす(左右交互)
    
[2]懸壅垂の鳴り(磯貝塾長)
 ・日本語の音声が違っている。ことばが共有できない(日常会話)
 ・話をするときに、修飾語を並べたてる(バプリックスピーキング)
 ・感情で解決しようとしている(引きこもり)
      
 これらはみな、「声の問題で解決できる」というところに行き着いていない。  
 →声を出すことが当たり前すぎたから(日本におけるかつての水と同じ)

 ・日本語は、皆同一に感じ理解することはない。
 ・日本語の"い""え""あ""お""う"が地域や人によって違っている。
 ・今、日本人は他人と喋る時の客観的言語を持っていない。
  (自分はよく分かるが、Youは分からない。SheやHeは、自分に
   取り込んでわかったつもりになる。Youに対してもSheやHeと
   同様の扱いをしようとする)
 ・これからは、見えないものを売る時代(触るか、聞かせるか)
  →音声言語に頼る社会に移行しつつある(高齢化社会)
 ・喉を使って喋る 喉の状態、発声の仕方によって感情が変わる
  →このことをわからないと聞くことができない

 <エクササイズ①>舌を細くする
  ①舌を浮かせたまま、舌先を細く突き出す
    唇の前に人差し指をかざし、指先を少しだけなめる
  ②①でつきだした舌先の状態(細い舌先)で奥に入れる

  弛緩した状態で話しをするとコミュニケートできない。

 <エクササイズ②>喉を開けて、響きを作る
  ①下顎か舌を離し、喉を開ける(縦口、生アクビに近い状態)
  ②①の状態で"あ"と発声(懸壅垂に響かせる)

  個人チェック
  Aさん:自分が分からない言葉は、人にも分からない。
      自分が出している音を出して修正すること。
  Bさん:1m先のマイクに向けて音をだすように。自分の中だけに入れない。
      自分の外側の音を聞くこと。
  Cさん:上唇の中心部は使っているが、口角を使っていない。
      だが、口角を緊張し続けるのではなく、口角で支える。
  Dさん:目の前にいる人に話す(横や後ろに人はいない) 
      空間意識を持つ。目の前の人に通じる音を出す。
  Eさん:サンプルみたいに、きれいな音声。
  Fさん(見学者):笛の実感がない。笛を下げて発声する。

  エクササイズ②を二人一組で  

◆本日の磯貝語録
 日本人の情動表現は、ほとんど上半身である。
関連記事