FC2ブログ

歌発声中級(12/7)                             《音楽系》

12月7日(木)歌発声中級

[1]リハーサル(ひとり4分間)(磯貝塾長)

[2]声出し(10分間)

[3]試演会
 Aさん:"Non ti scordar di me"
 Bさん:"Musica proibita"
 Cさん:"Non ti scordar di me"
 Dさん:"Musica proibita"
 Eさん:"Musica proibita"
 Fさん:"Musica proibita"
 Gさん:"Musica proibita"
 Iさん:"Non ti scordar di me
 Jさん:"Non ti scordar di me
 Kさん:"Mattinata"
 Lさん:"Mattinata"
 Mさん:"Non ti scordar di me

[4]総評
 <磯貝塾長>
 ・音楽の実感が必要であって、自分の実感では歌にならない
 全員に感じたこと:
  ・音楽がやりたいと思って始めたときの音楽的欲求が少なくなって、
   技術で何とか歌おうとする方に走っている
  ・表面をつくろっている病的な音楽になってしまっている
  ・常に、何のためにやっているのかという“音楽元素”をもっているはず
   ではないか
  ・人間本来の基本的な喜びが芸能なのだ
 <森下講師>
 ・楽譜に正面からはいって、それを歌っている人の方が音楽的であり、
  観客にもまっすぐ入ってくる
 ・まず譜面どおり正確に追ってみる(レコ勉はダメ)
 ・音符で練習すること そうするといやでも内側から興こってくる
 ・そこまで楽譜に正面から入ってほしい
 ・今回は次に行けるチャンス

[5]ことばについて(磯貝塾長)
 ・イタリア語の歌詞をバーチャルにつくってしまう そうするとエネルギー
  が低い 日本人が持っているカタカナ語でもいいから、歌うとき口の実感
  を持つこと ただし、歯の中に言葉を置いておく

◆本日の磯貝語録
 音楽をすることと声を練ることは背中合わせ
 人は全身で心を使う時(逆も)喜びを感じる
関連記事