FC2ブログ

発声呼吸入門(12/9)                            《共通系》

12月9日(土)発声・呼吸入門

[1]ストレッチ(沖田講師)
 ・身体をまっすぐにする→身体の歪み、癖を知る
   (ふたり一組になり、相手をよく見て矯正する)
 ・壁を使っての倒立
 ・三点倒立→声の為に、頭頂ではなく、おでこで立つこと
   ※倒立を通して、身体の中(鼻や喉など)が通る、広がるということを
     つかむ

[2]講座(磯貝塾長)
 ・喉頭から上がってきたエネルギー(息)がどこかにぶつかって
   音声になる→そのぶつかる位置をきちんと決めるのが声の訓練
 ・笛の動き(上下)によっても、音の高低が変わる
 ・口ではなく、喉でやること
 ・"うがい"で口の中の共鳴点を実感するとよい 歯、前歯
 ・犬歯のあたりに響かせる(上顎の高いところ)
 ・息を吐かない限り、声は鳴らない
 ・上顎で笑う→笑えないのは、普段使っていない ずれている
 ・上顎まで上げて前に出す
 ・胸部共鳴の場合には、胸の中側でなく、前そして外に響かせる→声も前にでる
 ・顎の関節を動かしながら唇を動かす→呼吸を整える
 ・胸部、後頭部下、下顎、上顎で名前を2回ずつ言う→それぞれ発表する
   Aさん:もっと明確に当てる場所を変える
   Bさん:だいぶはっきり分けて出せるようになった
   Cさん:はずかしさがあるが、大きく出せるようになってきた
   Dさん:響きを上げた時に割れるので、もっと下を使う(降ろしながら)
   Eさん:上だけでなく、下、後ろを使うとよい
  ※響く位置が違うと感じ方が違う
  ※全身で見つけながらやる

◆本日の磯貝語録
  上顎に響いた言葉は思考を聡明にする

関連記事