FC2ブログ

実践朗読(12/14)                              《ことば系》

12月14日(木)実践朗読

<試演会>
 俳句、(和歌)短歌、現代詩(一遍)から2偏ずつ朗読

19:40~20:10
 俳句(2首)<謡う>
 Aさん、Bさん、Cさん、Dさん、Eさん、Fさん

 詩を詠むには、自分で詩を書くことが必要
 今日の朗読は、生き生きしていない→迷わずやり始めること。

 芸能とは、自己発散ではない。「他人が見て聞いている」を意識

 詩の朗読
  文でなく"語"をやる
         ↓
       身体力:語は意味を持っており、音でできている。

 Eさん:自由にやりたいのに苦しがっている
 Dさん:自分で作ると読みもできてくる。自分のものはおもしろいので
     朗ずることができる。
 Fさん:人の朗読楽しい。予想外で。良い詩/詠める詩。
 Aさん:できないことに自信を持つ→そこから始める。
     身の大の人生"笑うセールスマン"→口の中の実感をことばに出す
                                   ↓
                            自由詩を書くこと!
 Bさん:自分でおもしろがれるものをやりたい。詩をやりたい。
                 ↓
     七五の詩。声に出せるものを書く。こどもの詩(五、七)を書く。
     お手本は不用→"技"が必要
     芸をする人 "マメ"であること

     日本の芸能
        ↓
     身につけること。
     深みがあり、落ち着きがあった。
     できる人が教えること!
 Cさん:つくりすぎて失敗
        ↓
     "ことば"をやるとは、語感 無防備でそのことばにふるえる。  

  技術から"芸"へ

◆本日の磯貝語録
  詩は、その国の言語を豊かにする装置

関連記事