FC2ブログ

歌・演奏(1/11)                               《音楽系》

1月11日(木)歌・演奏

◎ストレッチ(磯貝塾長)

◎年頭の話
 「自分で自分のことをやる」ということは、「自活力」をつけること、
 健康でいるということ。芸をやるためには、健康でいることが必要である。
 一方、自分は何でもやるのは不完全であるということ。助け合いが
 必要となる。これは助けようという意志や意識から起こる行動ではなく
 「反応」であるべきである。→助け合いの生理
 何でもできる「素」を自分の中に見つけ出すこと。

[1]第Ⅲ期テーマについて
 「言葉」を伝える歌
 「言葉」と「音楽」を自分に近いところで作り直す

 言語(言葉)の要素:①文字 ②音声
 言語(言葉)の機能:①思考の道具 ②コミュニケーションの道具
           ↓
       状況によってどちらの機能で使っているのか変わる

 ・言語が表現する叙景、叙情などは国によってクセがある。
 ・日本語のクセは「母音が多い」ということ。母音とは情動を表すもの、また、
  その響きにより神へ通じようとするもの。子音は神との道を邪魔するもの。
  極めてこの世的なもの、雑物。

 ・抽象的な音楽言語と言語は異なる→歌では合体したものをつくる必要がある
 ・歌は情報伝達ではないが、言葉が届かないと不完全である。
 ・歌の言葉は会話や詩の形であらわされる
 ・詩にはルールがある 5、7のリズム、またこれの組み合わせである。
  5は2+3、7は3+2+2に分解される

 ・人に伝えるために何をすべきか→芸能の言葉を習得すること(形)
 ・言葉には方向がある
 ・言葉を音楽の感情で表現するのが歌である

 ◎それぞれの言葉は語感を持っている。この語感に意味がある。
  語感の要素:①語意 ②語音 ③身体感
  「あ」という言葉から、どういう語意、語音をつくっていくのか
  まず言葉のみを取り出して、各語の語音を見てみる。
  (注)リズムが崩れると、語音感が変わるので、伝わらなくなる。

[2]「がらっぱの歌」の詩を読んでみる
 ・「ああ」…星との距離感、神秘性を出す必要がある
 ・語尾の音を喉に戻すこと=喉が開いているということ。
  (顎が開いていても、喉が開くとは限らない)
  そのためには、無駄に顎を動かさないこと。


 ・言葉をつくるための機能:①響き=上顎 ②支え=下顎
 《言葉と音楽表現と発声を一致させることが今期の課題》

 そのためのエクササイズ
 ・話をしていないときはずっと舌を浮かせておく→この状態で話す

◆本日の磯貝語録
 演じ手の優秀なところに良い作品が生まれる
関連記事