FC2ブログ

実践セリフ(1/14)                             《ことば系》

1月14日(日)実践セリフ

講座(磯貝塾長)
[1]年頭所感
 ・何十年も先の若者に、どうやったら夢を与えられるか
  人に夢を与える夢を持つ
 ・言語とは形:何かを表現することは、形にすること。
  その形が再現性や、多くが理解できるためには、型をつくらねばならない。

[2]シェイクスピア術
 ユーモア
 悲劇→シェイクスピアが得意

 <ソネット>
 元はローマ時代の宗教の歌、神と礼拝で対話の流れ
  イギリス 4-4-4-2形式
  イタリア 8-6形式

 <ストレッチ>
  各自、身体をほぐす(開ける、降ろす、ゆるめる)

 <ヨーロッパ式表現呼吸>
 ・丹田を狭めてえぐるように丹田を入れる呼吸
 ・背面呼吸に近い位置まで呼吸をもっていく

 <心臓の一点に向かって言語を言う>(外側に向かって言わない)
 ・脇腹を細く、心臓の一点を意識する
 ・あるひとつのエネルギーが次に続いていく(テンポ)

[3]各自読み練習<"第7番"読み)
 ・高い声から入る。
  詩の内容により声の高さ、質をきめる
 ・自分の中側を作っていく
 ・リズムをつけて、止めないように読む
 ・詩中に音楽が入るのが普通←読むときにどれだけ音(音楽)空間にできるか
 ・横隔膜の張りが弱いと、喉を痛める

 ◎詩は語を読むのではなく、詩文の意味感情を口読みするのでもなく、
  語や文を歌うことにある。

  語は、
   ・眼読みして理解する
   ・口読みして立体化し、音言葉にする
   ・相手を意識して口で喋る
   ・語芸にしょうとして語る
   ・別次元、別感情で歌う
    ことが出来る。

◆本日の磯貝語録
 俳優は、ひとり芝居を完成させる感性、技術力が、その芸術性を高める
関連記事