FC2ブログ

俳優発声中級(1/17)                           《ことば系》

1月17日(水)俳優発声中級

サロン「芸とコミュニケーション」

各自身体訓練

<呼吸>
 座位→四股(気が内と外の両方から流れていくように)

[1]「上腹筋呼吸」とささえ(横隔膜~へその間)
 ・息と一緒に中間を3本指で内に押し込む→外に押し出す(張る)
 ・息と一緒に外に押し出す(張る)→中間を3本指で内に押し込む
 ◎下腹と上腹の運動を使い分けること
  ※正中がわからないと、呼吸が身につかない→常に真ん中を意識する

[2]テキスト「今昔物語」(巻25の第12話)語り読み
 ①上腹筋で支える
  ・喉から発する ※上に上がると声がわれる
  ・足に重力 足の内と外の気を感じること。(床に流していく)
  ・上腹筋を張る
  ・支えをしっかりと入れ、下がった喉を響かせる
  ※自分の言葉は、思ったよりも後ろである(実感として)

 ②各語をたてる
  東に/吉き/馬//持/たりと/聞ける/者
    →  → → →   →   →
  ・各語は喉響きで一語一語明確に ただし、平舌の口言葉はダメ
  ・各語から次の語へは、息を止めず、意識的につなげる

 ③喉頭共鳴をつかむ
  ・口でつくった語音を喉に戻す
  ・基本は、アンダーコードで胸部共鳴
  ・口腔幅の1/3程の細い空間
  ・喉を下にしっかり固定させる

 ◎喉頭共鳴と上腹筋呼吸

◆本日の磯貝語録
 舌面共鳴と喉頭共鳴の違いが分かると中級生。
 喉頭共鳴から芸が始まる。
関連記事