FC2ブログ

俳優発声初級(1/30)                           《ことば系》

1月30日(火)俳優発声初級

1.ストレッチング(村上助手)
 ・立ち姿チェック
 ・上体を伸ばす(腰を入れること)
 ・脚を頭のうしろへ(背中を伸ばす)、つま先を上に向けて伸ばす(首倒立)
 ・二人組みで倒立
 ・四股踏み

2.講座(磯貝塾長)
 広島での「声の劇場」について(芸とは、日常ではないこと)
  ◎うまい日本語
  ・母音のつながり→並列ではなくねじり
  ・全部スパイラル

<エクササイズ>
 ①「エ」
  エーセーケンサ、ケイケンセイ、センセイ、テッテイテキ
  ネンネコセー、ヘイセイネンド、メイセン、レンケイテキ
  鏡を見ながら「エ」の口をチェック
  ・観客は、あなたの音と共に、あなたの状態も観ます(全部スパイラル)
  ・精神状態を身体状態にする
   情動:精神と身体が一緒に働いている
  ・唇の状態を知る
   唇の両端、エネルギーが唇の上にあるか、下にあるか

 ②唇チェック「エ」
  日常での状態を知る

 ③テキスト「エ」
  端から読んでいき、良かったものをチェックする
  ・「構え」が入って行えると良くなる
   ニュートラルポイントができる
  ・中性的な音声を覚えていく
   口の中で明確に調音点を追いかけること
  ・芸「ゲイ」、「ゲー」 声の特質について、両方できるようにしていく

 ④テキスト「エ」ひとりずつ磯貝塾長チェック
   Aさん:音がしっかり出ている方がやはり良い。まだしっかりしていない。
   Bさん:"やるぞ"という力みが入るとダメ。口の中でやること。
       口から音が出てしまっている。自分で出した音を聴くこと。
   Cさん:下唇を閉める。一度そこに入ってしまえばそのままいける。
   Dさん:語の最後の「エ」が響いていない。口の中を鳴らす。喉より上。
   Eさん:まだ舌が「エ」になっていないため、調音点をただ追うだけに
       なっている。
   Fさん:「エ」が広くなり過ぎ。下顎全部を使わない。
       下顎の前に集める(指でつまむ)。
 ・全体的に、皆さん広い。
 ・響きは広くても良いが、調音点は狭くする。点である。
 ・そのポジションにいくと、その感情になる。
 ・その音を覚えること。その気にならないと絶対覚えられない。   

◆本日の磯貝語録
 語音は、身体や精神状態によりくずれ易いので、正確なものを覚える必要がある。
関連記事