FC2ブログ

俳優発声上級(2/16)                           《ことば系》

2月16日(金)俳優発声上級

(磯貝塾長)
・日本では、お笑い以外の所で笑いの訓練をしている所が少ない。
 このお笑いも、ファルスではなく、ギャグになっている。
 ギャグは、ふざけて、見下して、人間の本質の裏面を暴くことで笑う
 ネガティブなものが多い。人を精神的に開放する笑いとは、どういう事だろうか。
 そもそも笑いとは、人が生きる上で、必要なものなのか。

・私個人として生きていく上で、笑いはなくても生きられるかもしれない。
 しかし、他人、他者とかかわる時、笑いは必要条件といえる。
 それは、笑いという快感情が人とコミュニケーションを取るときの
 相方向エネルギーとなる。笑いは伝染する。

・笑いの価値観は、社会的に(後天的に)セットされたものでなく、生来持つ
 生きる基本感情である。この本来持っている人間の本質力により、表現する
 ことで大きく伝染し、つながっていく<正の感情連鎖>。

・私達俳優が表現者として突き詰めていかなくてはいけないのは、
 生まれて「オギャー」と自発的に声を出したところから「快感情という
 人間にしかない特徴」を使い、声、言葉、身体でユーモアをもって
 普遍的な人間の本質を照らし続けていく必要がある。

◆本日の磯貝語録
 笑いは、人間目の固有感情である(他の動物は笑わない)。
関連記事