FC2ブログ

歌・演奏(2/22)                               《音楽系》

2月22日(木)歌・演奏

[1]「日本語」について(磯貝塾長)
 ・今までの日本、日本人、日本語は「自分」の「思い」を「言うだけ」の文化
  であった。人に「伝える」ことが欠落していたと云える。それゆえ、日本人は
  喋り方が下手である。自己の思いを客体化する考え方が下手であるという
  ことであり、即ち主観中心で生きており、自己中心的で孤立につながると
  いうことである。

 ・人間が動物と違う点は、言葉を話すこと、笑うことにある。

 ・物の考え方は話し方にも現れ、話しや喋る作業は私有化言語となり、自分の
  所有感や関係を話す事が主体となる。

 ・一方、喉で喋ることは、共有言語化となる。人に分からせよう、客観化しようと
  しているときに起こる。人にわからせようとすることは、頭の働き方が普段と
  変わり、育つことにつながる。(客体化脳の発達)

 ◎自己中心であるということは、自己が発達、発展しにくいこととなる。
   次につなげる(=進化)、継承するという横(同世代の人々)と縦(次世代)
   へのつながりが切れるからである。これは文化、個体の両面において言え
   ることである。

 ・「言葉」そして「Arts」の面から、日本人、日本の文化をたてなおすことができ
  る。それは、どちらも共感が生まれる。人と人が生きあうということから言える。

[2]クラシック声楽においての日本語
 ・クラシック声楽というのは、自分の思いをやることではない。また、発声にだけ
  気を配るものではない。音楽をやること、そして聴いている相手に伝えること
  である。

 ・特に、オペラでは、相手役がおり、動きも必要となる。
  歌曲を歌うときより、より立体的な世界となる(多次元性)。

 ・クラシック声楽において必要なのは、譜面に書かれている思考過程および
  音楽上必要な声が出せるということ。そのために、何が自分にとって障害と
  なっているのか、自分で考えること。他人の評価を受け入れること。

 ・喋る人間が声を出して歌を歌うことが聴いている人に伝われば、自分に実感
  が出てくる。そうすると、自分の精神状態は変化する。

◎創作詩の発表
 課題:「私は卵から生まれた人間です」または
     「もしも隣の人が宝くじで1000万当たったら」

 ・詩は説明になってはいけない。なるべく説明を排除し、心の核心をつくこと。
  感性の展開を行うこと。

 ・伝える人を特定して書くこと。広く一般にというのは詩にならない。
  相手との関係性が大切である。「自分のために書かれた」と
  相手が思ったときに感動が生まれる。

 ・言葉を自分語にしないこと。「自分」と「周り」を区別して認識すること。
  しかしながら、詩が完成してしまったものには、音楽はつけられない。

◆本日の磯貝語録
 「自分」と「周り」を区別して認識すること(自と他の正確な分離)。
関連記事