FC2ブログ

俳優発声初級(10/4)

10/4(火) 俳優発声初級

(1)ストレッチ(各自) 10分間
(2)2人組みになって“腹もみ”(腹直筋の底にある腸をもみほぐすように、指よりも掌を使って)
(3)股割り→四股歩き→前後足開き歩き
(4)Ⅰ期でやった呼吸の復讐、再確認(各々の状況に合わせて)
    ※磯貝講師・西本助手がひとりずつ個別に指導
(5)講座「喉について(1)」
   ・喉は、基本的に開けるのが望ましい(アゴであける、内筋であける等)
  Ex:鏡で、自分の喉(=懸よう垂)を目で確認する
     そして、その実感を身に付ける
     懸よう垂に向かって音を出す、懸よう垂自体が音を発しているような感じで
   ☆懸よう垂の運動率が低い→声の種類、幅に乏しい
   ・懸よう垂の前側、後側を基準として響きを作ることができる
     ※懸よう垂の物理的な実感を得るために、うがいが有効
   ☆鼻腔、咽頭、喉頭の縦のラインを通す!!
関連記事