FC2ブログ

発声・呼吸月1(3/11)                           《共通系》

3月11日(日)発声・呼吸月1

ストレッチ(西本助手)
 ①アキレス腱を伸ばす
 ②片腕を頭の後ろで伸ばす(逆も)
 ③両手を頭の上で伸ばし、そのまま右へ倒す(側帯を伸ばす、逆も)
 ④両手を頭の上で伸ばした状態から、前屈する
  (腰が入った状態でいけるとこまで)
 ⑤④の状態から脱力
 ⑥ドルフィン(頭、胸、みぞおち、腰の順に波のようにつなげる)
 ⑦首をほぐす(前後左右に倒す)
 ⑧四股の状態で肩入れ
 ⑨四股ふみ(かかとだけ交互に上げる)
 ⑩喉の確認(喉頭原音)
  ・四股の状態からバンザイをし、胸を張る
  ・低い「あ」を出す(ほとんど喉の鳴り)
  ※会陰のところをバウンドさせるようにして喉を鳴らす
  <喉の鳴りを確認するために>
   ハト鳴き→顎をあける(アンダーコードで「あ」を出す)
  <喉の回復運動>
   ①ハミング(まずは後頭(から首)に響きを作ったあと、顔面(鼻より上)の
    響きを創る)
   ②ハミングができるようになったら、猫鳴き(「ニャア」を喉で言う)

講座(磯貝塾長)
 ・VASCの近況報告
 <公開試演会練習>
  ~配布テキストより~
  ①「お」の練習("構え"と"聞く"意識をもつ)
   けんよう垂がみえるように口を開ける
  ②テキスト言葉読み

(エクササイズ)
   耳の前の顎を開ける(指が1本はいるように)
   「あ」「お」を言う
   「お」は日本語の中で特に多い母音
   「ノドモト」→喉の位置で響かせる
   「コノトコロ」→語実感を作るために喉を開ける
  (回復運動)
   ①イスの背もたれによりかかり、脚の力を抜く
   ②喉を天に向け、下唇を前へつき出し、軽い「う」を出す。
    (徐々に音を下げる)
   ③体をほぐす

 言語には①語感②音感③体感があり、文になる。

◆本日の磯貝語録
 アーツの世界は格差がある。
関連記事