FC2ブログ

歌発声入門(3/16)                             《音楽系》

3月16日(金)歌発声入門

(加藤講師)
発声練習:ハミングetc(体をほぐす)

リハーサル

【公開試演会】
 a)深い河-1人ずつ
 b)母が教え給いし歌-1人ずつ
 c)おおスザンナ-みんなで楽しく

 演奏順
  ①Aさん:a/b
  ②Bさん:a/b
  ③Cさん:a/b
  ④Dさん:

 おおスザンナ
  1:Aさん
  2:Dさん
  3:Bさん
  4:Cさん
  サビは全員で

 演奏者感想
  Dさん:ギャラリーが多くて緊張した。高いところの苦手意識が体を強ばらせて
       しまうのが今後の課題。一年間で前よりもフレーズを長く歌えるように
       なった。
  Bさん:メンバーが少ないが、いい緊張感の中でやってこれた。2曲の切り替え
       も割とうまくできた。声はうまく出たところとまだまだのところとある。
  Aさん:歌は元々好きだったが、ここで学んで、苦手でままならないところの
       原因が少しわかったと思う。自分の体から音を離すということが
       まだつかめていない。今日は病み上がりな上、久々に歌ったので
       身体の準備ができていなかった。
  Cさん:この2週間コンディションが悪く、声を出さずに曲を聴いてイメージ
       トレーニングしてた。自分が"歌"だと思っていたことが実は違うもの
       だったということが多少分かった気がする。

 講師講評
  Dさん:この一年でとても変わった。積み重ねが大事。ある一定のラインまで
       いってしまえば楽になる。そこにたどりつくまではあまり考えない。
       (磯貝塾長)
       2期の途中で一皮むけた感じ。基礎を更にしっかり固めて安定した
       ところまでもっていきたい。私生活からはつらつとしてきた感じがする。
       (加藤講師)
  Bさん:味のある歌を歌うところが良い。今までと比べて良いところが目にとまる
       ようになってきた。自分が納得いくものをしっかりつかむこと。
       (磯貝塾長)
       いい2年間だったと思う。授業でやってきたことをしっかりこなせるよう
       になってきた。歌うことが楽しくなってきてるはず。
       (加藤講師)
  Aさん:音がこもるのはAさんの笛の性質。たくさん鳴らさないと鳴らない笛。
       鼻をもっと使わないと笛が鳴りきらないでこもってしまう。楽器をやって
       いるのだから、もっと成長しなくちゃいけない。訓練!!
       (磯貝塾長)
       音楽に対する感じがいいので、お休みが多かったのがもったいない。
       続けていればいいものができると思う。笛を使いこなすための体づくり、 
       そのためにも歌い続けて欲しい。
       (加藤講師)
  Cさん:最初の頃、鳴らしすぎて響きがなくなっていた。歌うために準備しすぎ
       るとダメ。準備しなくてもダメ。そのバランスを歌は教えてくれる。
       人に伝える、人に伝わっていくということを一番簡単に教えてくれるの
       が歌。是非音楽を続けてください。
(磯貝塾長)
       発声練習をしながら修正をするとコロッといい方にいく。いい方と悪い
       方とが自分でわかるようになるともっと良くなる。もうすぐその時がくると
       思います。
       (加藤講師)   

◆本日の磯貝語録
  歌の演奏は、ことばに音楽をつけたものと、音楽に言葉をつけたものとある。
  この二つはしっかりと異なる。
関連記事