FC2ブログ

俳優発声初級(4/17)                           《ことば系》

4月17日(火)俳優発声初級

<戸村助手>
 ストレッチ
  中心感覚を意識しながら。絶対に息を止めないように。
  首、肩、腰(骨盤の意識を持つこと)

<磯貝塾長>
 一年間のテーマ
  ・まずは、自分の身体の実感を身につけてほしい。
  ・呼吸と発声-表現のための"呼吸"→表現呼吸
  ・音は耳で覚えなければ発することができない。良い音を覚えていくこと。
   <注>訓練の中で、のどを壊さないようにするのが鉄則(こわさない)

 [1]声は音である
   何が良い音か?→雑音性の少ないクリアーな音
   ・音には伝播力が必要。当然、声にも伝播性の高さが要求される。
   ・音には、習熟性がある。慣れている音には違和感がない。
   ・弱い声ではダメ。強い声(エネルギーの高い声)が必要。
    ⇒体の支えと口の開け方、角度が正確であること。
    一番大切になってくるのは「呼吸」⇒表現呼吸法

   ・無意識である生理状態=自然(じねん)→天然とは異なる
   ・音声のための呼吸は意識呼吸である→正確な意識じゃないとダメ
   ・呼吸運動のことを正確に理解することで呼吸のことがより良く
    理解できるようになる→磯貝メソッド テキストp.6-8

    創造的表現者は、同じ事を何度でも再現できる。

 [2]表現呼吸法
   表現目的に必要な呼吸を学習すること(意識的呼吸を無意識レベルに)
   ◎原則 鼻から吸う(脳幹のちょっと奥)
    鼻から吸うことで、自分の精神のバランス、協調をとる
    (テキストp.24の図参照)
   ◎副鼻腔にまで空気をため込む意識で
    鼻からおでこに向けて吸ったものを副鼻腔(目の下あたり)にためる

   cf.鏡の前での立姿-足は肩幅、骨盤をかえして腰をしめすぎない。
    肩胛骨で支えるようにして、鼻から呼吸。
    舌の位置も大切。ポジションは狭く。
    正確に息を入れないと出すときもまずくなる。ツール(声道)を正確に作る。

   ☆次回から手鏡を持ってくること

 [3]音声状態と人間と言語
   人間の精神状態は、そのまま音声状態として現れてくる。
   声に対する"音"という感覚と、"ことば"という感覚

   ◎日本語は表意言語(漢字)、ひらがなは情意言語
    
   日本語での表現も、すべての人達に通じるのもにするために
   音の違いで意味を伝える言語へ

 まとめ
   言語表現も、音声表現も、出すための準備としてどう入れるかが大切。
   必要なところに入れるための精神状態、身体感覚、いろいろな呼吸運動を
   これから覚え込んでいく。

◆本日の磯貝語録
 音声は身体の一部である。言語は知である。
 良い声とは、雑音がない声。
関連記事