FC2ブログ

歌・演奏(4/12)                               《音楽系》

4月12日(木)歌・演奏

◎今期のテーマについて(磯貝塾長)
・このクラスは演奏家レベルのクラスなので、自分の楽器をちゃんと調節できる
 ことが大切。
・今期は、声楽の基本"胸声"に戻る。
 →しっかりと胸声に降りた声。そののどを維持しながら頭声にもっていく。

◎今までの声楽とこれからの声楽
・昔の声楽
 F, A, Esでポジションをチェンジしていた。
        ↓
 チェンジさせることの違和感
 科学的アイデアにより、経験知を乗り越えられる様になった。
        ↓
 音の高低による声区、チェンジ(喉、息、支え等の替え)をしない。

・21世紀の声楽の発声
 下から息を吐かない、吹き上げない
        ↓
     チェンジさせない

・日本で発声法のシフトが遅れた理由
 日本の生活には低い音がなかった。
 タンギングの問題→平舌で発話する傾向が高い

◎胸声区の作り直し
 ・喉を降ろして喉を開ける。胴全部で支える。
 ・響かせるところは、胸骨半分より上の部分

 ①深い息を使う
  ・腰の背面の支え
  ・腰を丸くして会陰を椅子につける意識で座る。
  ・息を腰背面に入れ、支えたまま息をまっすぐ前に吐く。
   あるところまで息が無くなったら力を抜いて息を入れ直す。
   会陰からの支えをマスターする

 ②口の開け方~喉開け~
  ・喉下げ→顎関節開け(下げ)前翼の奥、副鼻腔を響かせる

Lesson
   舌は下の歯の付け根あたりをなめるような位置に
   顎の力を抜く(特に上顎)
   下顎を細かく左右に揺らす
   ※舌は動かさない。前に出しすぎないように。
    下顎を動かすとき、下顎が前に出ないように。

  発声練習
   ・会陰と腰の背面の支えを意識して。
   ・喉で音程を替えない。息だけで音程をかえる。
   ・息は前に前に流す。高音になっても後ろにひかない。
   ・息が先行。音を出そうと意識すると喉がしまってしまう。
   ・絶対、鼻から吸う。

 ③重心を下げる
  肩幅に足を開いて、まっすぐ下に降りる。垂直に。
  へっぴり腰にならないように。足の付け根の関節を柔らかく。
  太ももの意識。戻るときも下への意識を持つ。

◆本日の磯貝語録
 楽器(身体)の前面に向かって響きと息を出す発声法
 (上、下の動きでなく前へ)
関連記事