FC2ブログ

歌発声入門(4/13)                             《音楽系》

4月13日(金)歌発声入門

◎ストレッチ(磯貝塾長)
 ・仙骨を返す
 ・座骨を支点に、息をはき出す
 ・股関節をゆるめる、しめる

[Ⅰ]音楽(歌)を考える
 (1) 歌うときと喋るときの違いは何か?
  ・歌うときの方が「聴く能力」をより要求される。聴いた音を正確に記憶し、
   自分が出した音との違いを修正していく。先ず、きく能力を開発すること。
   むやみに大きく出さない。

 ◎音楽=音
  音の生命とは何か?→ピュアであるということである。
  音楽における美とはピュアである。クリアであるということ。
   
 ◎音楽は自分が出した音を知らない相手と共有するコミュニケーション能力の
  高いものである。

[Ⅱ]テキストを歌う
 ◎小ぎつね
  音を聴くときは、鼻と耳から柔らかく吸い込むように聴く。
  出すときは逆。聴いた音を聴いたルートと逆に出す。
  休符の長さは守るように。
  聴きながら歌うこと。

 ◎茶つみ(聴きながら歌う) 
  イ:床に座り、膝を軽く開き、手は足首に置いた姿勢で
    「a」で歌う。軟口蓋に響いている音を聴きながら歌う。
  ロ:手を後ろにつき、腰を立てた状態で、下唇を前に出し、「u」で歌う。
    椅子に座り、前傾姿勢になり、頭は下向きで軟口蓋に響かせながら歌う。
    椅子に座り、前傾姿勢になり、顎を前に出して歌う(力は入れない)

  ・一息で音、言葉をつなげて歌うこと。言葉を先行させると音程が
   正確でなくなる。音を先行させるおかげで、聴く人に情報伝達だけでなく、
   イメージを喚起させることができる。聴く人にゆだねることにより、
   コミュニケーションをとることができる。⇒そのためには喉をしめないこと。

 ◎さくらさくら
  ・鼻か顎を使うことによって、言葉はつくりやすくなる。
  ・顎を降ろして、喉をあけ、崩さずに歌う。

 ◎大きな古時計
  ・喉、口を開けた状態で歌う。
  ・歌い始めたら、ある一定の精神状態で最後まで歌うようにつくること。
   (音列を崩さないように)
  ・歌は「声」を聴かせることである。良い声でことばをつくる。
  ・短い音符でも、音を自分の内側にひきこまずに前にだすこと。

 ◎歌の声の出し方
  ・喉(声帯)が軽く開いている状態で、やわらかく息を通す(後ろから
   前へのイメージ)ことにより、やわらかく声帯を振動させる。
  ・胸骨に意識を置いて声を出そうとすること。振動を感じること。
   音程が変わっても同じところで出す。

◆本日の磯貝語録
 ◎音楽が人に教えるものの1つ、ピュア、クリアがある
 ◎音楽は自分の出した音によって知らない相手とコニュニケーションを
  とることができる
関連記事