FC2ブログ

歌発声初級(4/28)                             《音楽系》

4月28日(土)歌発声初級

椅子に座って準備体操
 ①座骨を動かす
 ②肋骨を広げ、斜め前上へ
 ③首の一番上の骨を動かす

[Ⅰ]発声基礎を学ぶ(磯貝塾長)
 ①喉を開け、笛を降ろす(喋り声の位置を降ろす)
 ・言葉を長く喋る
 ・胸の響きをつくる

  女性に多い→下顎に響きがいってしまう。
  携帯(電話)言語→150語~800語 音声言語も顎にいっている
  どちらの場合も、表現がうまくいかない

  表現するために、上顎に音声を上げる
  (息を上に上げないとならないので、ストレスに感じる人が多い)

 ②口を開ける
 ・頭蓋骨と下顎を離す
 ・喉を降ろす(舌が見えすぎないように)
 ・子音は、唇の先と舌の先端でつくる
 ・舌は細く、口の横開けは禁止、首の後ろの力を抜く
 ・声帯をピンと張ったまま、少しゆるめながら息を出す
 ・顎先を笛(喉)と付けるくらいに降ろして、奥(口蓋翼)を左右に
  狭めようとする

 ③胸声
 ・前とその真後ろ側にも響きを感じられるように
 ・副鼻腔…耳の穴の少し前ぐらいにある
 ・声道は少しでも広い方がよい。副鼻腔も意識して開けられるように。

 ④コンコーネ1番を歌う
  準備体操
   ①背骨を伸ばす(手を上に背伸び)
   ②肩胛骨を両腕で抱えて前屈みで
    ・息をフーッと吐く→腰とお腹に息を入れるように吸う
     そのまま、腕の力を抜いて(喉と首の後ろも抜く、膝も曲げる)
     ゆっくりおこす
   ③唇をふるわせる(リップトリル)
    ・唇両側に人差し指を当てるとやりやすい
     注)喉を硬くしない
 <コンコーネ>
  股関節を広げ、手を前で合わせて「オ」で歌う(全員)
  ①肋骨の下と下腹に手を当てて、少し膝を曲げてみる
  ②壁に寄りかかって(かかとは前のほうがバランスを取りやすい)
  ③椅子に片脚をのせて
  ④肋骨に手をあてて歌う

◆本日の磯貝語録
 ・携帯(電話)言語(携帯電話に拘束される発語、発声、発話法)
 ・懸壅垂と口蓋翼に声を当てる。
関連記事