FC2ブログ

俳優発声初級(5/22)                           《ことば系》

5月22日(火)俳優発声初級

1.各自ストレッチ
 
2.声の録音

3.講座(磯貝塾長) 呼吸法~腹腔と下肢~
 ☆「表現」とは何か
  相手に伝わること・・・ある目的を具体的に示し、相手と共有していくこと
     ↓
  ・自分の主たるエネルギーを外に出して伝わるように客観化して加工できなきゃ
   ダメ。音のことも、ことばのことも、自分のことも全部客観的にとらえて
   理解すること。

  ・表現とは、社会的行為である。伝えるための何かを自分がやる。
   頭で理解したものを体がする。けれど、自己実現どまりでは「表現」じゃない。
   ⇒主観を客体化していくための技術を身に付けなければいけない。
    ①自分の声をしゃべりながら聞く。聞きながらしゃべる方法を身につける
     (自分の精神状態、体の状態を把握する)
    ②相手が発するものを無防備に自分化しない。すぐに自分の中に入れず、
     一回とめて自分の前に置いておく(→客体化)。
     相手の頭で考える。相手が発したものを客観的に受け止める。

     ことばに意味があるのではなく、音声に意味や内容がある。

  ・聞くために正しい(最も有効な)ポジションを覚える必要がある。
   ⇒呼吸法と密接に関係 人の主観、客観に作用する。
  ・肺呼吸…主観に入りやすい。体内の全体バランスが崩れてくる。

 ◎主観と主体
  主観ではなく主体としての実感を持つ。
  
 ◎呼吸法は"主観"や"客観"がわかるようになるための実感をもつ方法論。

 ☆骨盤を知る(配布資料参照)
  No.259 立った時の後ろ姿
  No.260 上体曲げた時の後ろ姿
  No.261(女性)立っているときの前姿(正面)
  No.262(男性)立っているときの前姿(正面)
  No.263(女性)上体曲げたときの前姿
  No.264(男性)上体曲げたときの前姿

 腹腔内臓、呼吸に関わる骨盤周辺の筋肉を効率よく動かすための骨盤の形、
 傾きを知る。

 ・下肢と上肢をジョイントしてくれているところとしての仙骨

 ・仙骨、恥骨、腸骨の感覚、実感を持つ。

 ・座っているときは、座骨の感覚
  座骨を旋回させると仙骨も連動する。仙骨から座骨をコントロールすることも
  できる。連携して各部が動いていく。

 ◎仙骨実感を持つ
  ⇒腰回りの運動をして、骨盤の実感を強化する。
  恥骨を動かす。上からの実感、下からの実感。
  尾てい骨を動かす。仙骨を動かす。
  動かしながら、自分の意識は体の先端まであること。
  主観ではない自分の部分を育てていく。
  鼠径部を知る
 ☆次回、骨盤くんを教室に持って行くこと。忘れずに。

◆本日の磯貝語録
 ◎音声に意味や内容がある。時には状態や状況をも表現している。
 ◎主観、客観とは自分の身体感である。
 ◎部分、部分だけを知るのではなく、全部が全部に通じることを知る。
関連記事