FC2ブログ

朗読の声とことば(5/13)                          《共通系》

5月13日(日)朗読の声とことば

朗読表現
 ・個的な表現、私語で読まない。
 ・自己発散、自己主張(私の話し言葉や私の感情がでる)から、
  他人の共有できる領域で行う。
 ・語尾、文尾は個性化し易いので、自分化しない。
 ・アクセント、イントネーションは多少大きめに。

 イワンの馬鹿 (2)「ところが~こうして彼らは別れました」
  全員で一文ずつ読む(輪読、素読み)

 Aさん:「ところが、それを年よった悪魔が見ていました~。」
     文頭の1語を出すとき、充分に気を遣うこと。
     句読点の使い方。(。、は違う)

 ・「ところが、それを~」
  ”が”から”それ”の間にうねりがある
 ◎語のつなげ方でリズムをつくり出すことが出来る。

 ・「ところが/それを~」
  言葉のリズムは止まらない。とめてはいけない。
  2拍子の1の間に2が始まり、連続する。

 ◎文の句読点は、音読文とする場合は文字文の機能とは別の働きが
  発動されなくてはいけない。
  それは、句点[。]の場合も、単に文の集結にせず、間の取り方を
  様々変え(読点[、]は当然のことで)ある固有のリズムを生みだす
  記号となる。そのため、文が生き生きとしたものとなる。

◆本日の磯貝語録
 文字ことばを音読するとき、句読点でリズムを生み出さないと、
 生きた立体感あるものとならない。
関連記事