FC2ブログ

歌・演奏(5/10)                               《音楽系》

5月10日(木)歌・演奏講座

「音声データの録音」(担当:蔭山洋介)

[Ⅰ]ストレッチ(磯貝塾長)
 首周り、肩胛骨、脇、背中など。肩入れ、足の付け根を動かす。
 胸声で使うところをマッサージ。

[Ⅱ]発声及び予備体操
 (1)鏡を見ながら舌小帯を奥に入れる練習。舌は細く!
 (2)喉を開ける練習
   下顎を入れる。舌を前に出してはダメ。
   発声~のどから胸に響かせる。
   ~胸が響いてるかどうかを捉えることが大切。
    人によって意識のもって行き方は違うので、自分の場所をつかむ。

[Ⅲ]歌唱練習 「オルフェオ(グルック)」
 ・響き位置を捉えて、響き位置の音楽を聴く。
 ・胸声の響きは圧倒的に前。
  (前の響きが作れれば、自分の意識が別の場所でもかまわない。
  人それぞれ自分の音楽を感じやすい位置がある。)
 ・聴いている人に"胸声は前の方が響いている"ということが伝わるように
  "演奏"というのは、「私の響き」と同じ物を相手に感じさせること。
  聴きやすい音を伝えること。
 ・ひとつの音を出しているときには、常に次の音に意識が行っていること。
  プツプツ切れるのは、音楽のセンスが悪い。
 ・フレーズの終わりで後ろに引かない(情緒的にゆるめない)。
  引いてしまうのは、日本人の日常生活の悪い癖。
 ・胸声をセッティングするというのは、1/100レベルの緻密さを持つということ。
 ・演奏家は、聞こえない音を聞けなきゃダメ。笛(喉)の状態の意識を持つ。
  次の音を出す前の状態を聞く力が必要。

◆本日の磯貝語録
 メロディを追いかけない。響きだけを追いかける。響き位置で聴く。
関連記事