FC2ブログ

朗読発声(5/25)                              《ことば系》

5月25日(金)朗読発声

(1) ウオーミングアップ(各自)

(2)講座「読み聞かせの声とことば」(磯貝塾長)
 至る所で朗読がはやっている。
  ・手軽、やりたい、子供に聴かせたい。
  ・養護施設でボランティア、他。
  ・生涯学習、自己実現等で、手軽に行うようになった。
  ・朗読芸を磨くまでに至っていない。また、事情により勝手に止める。

 ◎芸人はどんな条件でもやるべき事(芸)がやれる人。
  芸能=神事(鎮魂)→であるはずだから、本来どんな世情のときでも芸能はやれるはず
  ◎”やる人が喜ぶ”と”聴く人が喜ぶ”に分かれる。
  芸としてやることと自己実現のためにやることは違う。
  ここでの基本は、他人に対しての出来高(他人が評価)。
           ↓
  ◎相手に伝える、伝わる(自分のためにやることとは絶対的に違う)
   声がいい、悪いではなく"伝わる声"。

 出す側(やる側)、受ける側(聴く側)双方に能力が備わっていて成り立つ。

 受ける側が"受けている"ということを出す側がきちんと見て判断し、
 その場で臨機応変に対応していくことが必要。⇒説得力

 ・いい、悪いというのは自分の中にはない(他の判断)。

 ・自分の意志や意識で対処できない範囲のことは山ほどある。

 ・私自身がどう納得するかではなく、作品をどう伝えるか、伝わったかが大事。

 ・伝えるための朗読を自分の中に獲得していないと伝えられない。

 ・実感のある主観が大事(観念的ではだめ)。身体感覚、そものもになる。

(3)朗読演習
 ・相手(聴き手)を想定してやる(各自個人練習)。
 ・読むのではなく喋る。
 ・自分の中に入れない。
 ・自分が思っていたことと違うことをやる→外でどう聞こえるか

 Aさん:声の大きさをチェック、もっと外にだす。
 Bさん:頭を使わせる、状況の変化をもっと激しく。
 Cさん:自分の思い通りにさせない。自己の"思い"でしない。
 Dさん:自由に。

◆本日の磯貝語録
 芸人にとって必要なことは100%の主観と100%の客観。
 その間を行き来するエネルギー。  
関連記事