FC2ブログ

名曲をうたう(10/13)                             《音楽系》

10/13 名曲をうたう

(1)腹筋運動(磯貝講師)
  )そけい部に手を入れ込んでそこを押し出す・引き込むを繰り返す。
  )へそを出し入れ

(2)のど開けと響き
  ・歌遊びと演奏は何が違うのか?
  ~識別はできるが自分の実感としてはつかめない。
   責任の違いではないか。
  →人に渡せるように商品としてつくってあるかどうか。
             ↓
   そのためには「のどを開けっ放しで声が出せるかどうか」が重要。
  =あごでのどを私有化しない(のどが閉まってしまう為)

  ・外を響かせる。
   のどを開ければ鳴りを強くしなくても声のボリュームは大きくなる。

(3)歌唱
  )Lasiatemi morire!
   ・たて口の「o」。「o」の発声は下前歯が重要(口唇を小さくまとめない)。
   ・鳴りは鎖骨の辺り。そこより下に向かって喉を開け、響きだけを感じるように。
   ・喉をきかせてはいけない。口でコントロールしない。
   ・首に力を入れたら絶滅。
   ・高くなったら後ろの響き。

   ※外の響きを崩さないで「ことば」をつける。しゃべりのことばとは別のもの。
    (喉を開け、息を流しながらことばをつける)

  )Ombramaifu
   ・後ろに持っていくことで喉開ける。 ~部屋の端に広がって歌う。
   ・響きは胸から下へ。場合によっては下半身に。それより上はゆるめる。肩のラインまで鳴らす。
   ・「声楽の型」=声
    イ)型から外れてはいけない。
    ロ)響き・音のスタイルがある。
    ハ)音の響きをつかむこと。
   ・歌っているとき体全体が参加している。足の裏が何かを自動的に始める。
   ・自分の中で音楽の実感を持つ。

  ◆本日の磯貝語録:芸術には型がある。その先にしか自由はない。
関連記事