FC2ブログ

歌・演奏(6/21)                               《音楽系》

6月21日(木)歌・演奏

[Ⅰ]教室の目的の確認
 ・今まで歌のクラスでやってきたこと-のどを切り替えないナチュラルな発声。
 ・これからやっていかなきゃいけないこと-日本語の歌を明確に歌う
                          日本語の歌の発語をマスターすること。
              ↓
胸声をマスターする。平舌を直すこと。

[Ⅱ]胸声発声法の確認
 構え:椅子に座り、座骨を入れて、胴を認識する。横隔膜を下げる。
     両足の裏をしっかり地面にくっつける。下顎を喉にくっつける。
     その状態で、舌根が動くことが重要。首をたてて、喉を下げる。
     オトガイを使って喉を開ける。オトガイ筋でしっかりおさえる。

 発声:下顎で支えて、首の後ろ(肩の方)に響きを感じる。

 ◎喉をおろして開けた時に、舌が前に出ないように。
  平舌や前広舌は良くない。口の中で舌先だけ動いてもダメ。
  下顎下の前首筋を使い、喉開けを行う。

[Ⅲ]個別指導
 ・Aさん(1回目)
   GからCisに上がるとき、言葉も変わるので音が変わったほうがいい。
   喉を変えるのではなく、息を前に出して、響きを変える(頭で変える)。
   響きは一定にする。息の流れでもっていく。口で操作しない。
   p.64~の「a~」 口で「あ」をつくらない。喉の奥の響きで。

 ・Bさん(1回目)
   両手をほっぺにそえて縦口を補助。喉を切り替えない。
   「コーメ」の「メ」が横に広がりがち。上唇をしっかり使う。
   上の響きが多いので、下の響きをもっとつくる。
   やわらかい息で出せるようになるといい音になる。

 ・Cさん(2回目)
   "ン"の音もぐらないように。外に出す。
   ピアニストさんには6/8で弾いてもらうと歌いやすくなる。
   「O~」の響き位置。ポジションをしっかり作ってから声出す。

 ・Dさん(2回目)
   顔で歌う。響き位置は鼻のラインから上。
   前で支えて後ろを響かせる。

 ・Eさん(2回目)
   鼻の響きで歌う練習。

 ◎普段やっているより鼻を活発に使う。軟口蓋をうまく使うこと。
  個人差はあるが、全体的に鼻で歌うことを開発。

◆本日の磯貝語録
 音の上げ下げは、口の開け方や高低のイメージで行わない。
 声道を一定に決め、声門下の息を前に流すようにして行う。
関連記事