FC2ブログ

歌発声入門(6/22)                             《音楽系》

6月22日(金)歌発声入門

加藤講師
◎各自ストレッチ
◎前回の復習
 息の幅を細くして、口の深いところで響きをつくる
   →笑顔で縦口で歌う

◎今回は、前回のことを固め、曲ごとに胸声、頭声で歌えるようにして、
 試演会の準備をする

◎ウォーミングアップ
 -歩きながら、空間に声が広がっていくようにハミングする
 -頭蓋骨、手先の骨に響くのを感じる→その空間が響くということ
 -息は細く、鼻を開ける。縦口で、開放する(音階をつけて)
  音が高くなったら、上顎を使う。高い空間に響かせる感覚で

◎頭声で歌う
 ・「さくらさくら」ひとりずつ歌う(歌詞は見ない)。上顎に響かせて。
 ・同様に上顎に響かせて「夏の思い出」を歌ってみる。
 ・「茶摘み」自分の身体が細く縦長になった感じに。
  ひとりずつ歌う。鏡をみながら、笑顔になっているか確認しながら歌う。
  顎を固めないこと。

◎胸声で歌う
 ・「大きな古時計」
  胸声で歌詩を読んでみる。→どこに響いているか感じてみる。
   ↓                胸だけでなく、鼻先にも響いているはず。
  歌になっても固くならない。無駄なところに力を入れない。
  いつもと違う自分にならないこと。話しているときと同じにする。
 ・全員で歌う。ひとりで歌う。
   低い音・・・顎をおろす(声帯に近づける)。だからといって上唇を固めない。
   高い音・・・自分の前30cmの距離からガラスを下に拭く感じ。
  「u」の発音・・・浅い響きにしない。できる人の発音を聞いて音を覚えること。
 ・「小ぎつね」
   低い音・・・自分の体が遠くへ伸びていく感じ(下へ)
   「a」の音・・・縦口を保つこと。横に広げない。
   鏡を見ながら、にこやかに。口は縦口で、目線はまっすぐ。
関連記事