FC2ブログ

歌・演奏(6/28)                               《音楽系》

6月28日(木)歌・演奏

[1]ことば構音と舌の関係
 ・舌芯をとらえる(舌の中心線を捉える。舌裏の中心線を捉える)
 ・舌面の意識
   日本語の舌面意識は全体的に広い。広いと情念だけになってしまう。
  ◎情動と感情は違う。
 ・オペラのアリアを歌うならば、舌芯をとらえて舌面を狭く作る
 ・舌面の中心線意識と、上顎中心線、鼻中隔中心線、下顎骨中心
  および喉頭中心、胸骨中心を一線につなげる。
  感覚および実感を育てること。

[2]個人曲(Aria)指導
 ・Aさん
   雑音が多い→呼吸の問題、ポジションが高い。
   重心が高くなっているため、息が続かなくなっている。
   喉から上に上げて作っているので、胸からみぞおちに向けて作る。
   何かをしようとしない。息の流れでやること。鳩尾に重心を降ろす。

 ・Bさん
   アリアをやるときは、なるべく自分の日常を持ち込まない。
   どの音を響かせようとしているのか自分で決めないと、漠然とした音になる。
   ロングトーンの練習が必要。次の音に行くとき、ポジション変化をしない。
    舌の扱い 
     ↓
   言葉のためには、舌の動きは柔らかい程良い。しかし、音のためには
   舌がやたら動かないほうが良い。

 ・Cさん(2回目)
   フランス語が習得できないため、曲をかえた方がいい。
   低い音を作れるような曲。フランス語はまた別途やりましょう。
   次回、別の曲で優先的に練習。

 ・Dさん(2回目)
   鼻に抜かないで、口から息を前に吐く練習。
   下顎押さえて、オトガイ閉めて、息をしっかり前にだす。口の外側へ。
   お腹ゆるめない。最後までしっかり支えること。
   余分なこといっぱいしてる。上に上に動いてしまってるので、
   息だけでやること。

 ◎胸声のための発声法
   まずは、鼠径部までの体の支え。

◆本日の磯貝語録
 舌芯をとらえる。中心感覚を持つ。
関連記事