FC2ブログ

朗読の声とことば(6/10)                          《共通系》

6月10日(日)朗読の声とことば

[Ⅰ]呼吸法復習(磯貝塾長)
 (1)腰方形筋での呼吸法
   鼻で吸いながら腰方形筋を伸ばす
     吐きながら腰方形筋を縮める

  意識を腰方形筋にもってくる。たっぷりと安定した呼吸。 

 (2)腹直筋
   鼻で吸いながら腹直筋を伸ばす(恥骨を下げ、前肋骨を上げる)
     吐きながら腹直筋を縮める(恥骨と前肋骨をゆるめる)

 (3)側腹筋
  瞬発的な声に使う。左右の外に張る。
  喉で止めずに口にまで通し、管の様にする。
  しかる、怒る等の瞬間表現で行う。

  あこがれ、解放、救済、美は音楽にはセットされているが、
  現代劇にはその要素が乏しい。

[Ⅱ]朗読法(3) 届く声ということ
 朗読:声を出し、書いてあることを正確に読み空間化する。

 目的
  ・体験する
  ・書いてあることを描く(自己表現)
  ・交流(目の前の人と伝えあう)
    跳ね返ってきたエネルギーを元に次の表現をつくる

 ◎芸の基本は届くかどうか
  VASCは、朗読、語り、readingの3つに明確に分ける

 <今日のテーマ>臨場感
  ・名詞より抽象語はより具体的につくる

 (3)の頭より朗読開始(全員輪読)

 臨場感とは何か(全員にきく)
  ・空気、即物性、その場で実際感じたこと、心がその場で動く空気、空気の流れ、
   そのものが見える、呼吸が合う、一瞬で再現する、その場にいる感じ、その場に
   巻き込む、そこで生きている、生々しさ、おこっている 中心にいる、ゆれる、
   その場で発見、息が合う、実体が見える、手で感じ取れる、体が動く、
   ドキドキ、肌で感じる、臭いや温度、共感、共鳴、感覚がするどい 皮膚感覚、
   呼吸が止まる
   ↓
  ◎生である、場と時間がある、具体的、身体的
   身体性(観念、概念だけでなく)と実感を起こす

  ・語尾の説明
   「~しました」を正確に表現する
  
   セリフは難しい→各自、実感、臨場感をつくり練習
  ・読みが早いです。(セリフではなく説明文(臨場感)の感触)
  ◎説明の読み方は、より具体的に表現し、伝える。

◆本日の磯貝語録
 臨場感の表現は、身体性と気。思いや気持ちでは表せない。
関連記事