FC2ブログ

発声・呼吸特別(10/9)                            《共通系》

10/9 発声・呼吸特別

(1)骨をゆるめるストレッチ(蔭山理司)
(2)発声・共鳴法入門(磯貝講師)
  <軽い声 あかるい声>

  ◎明るい顔の時のはどうか?
  ◎暗い顔の時はどうか?
    ※意識の上下 息の位置 重心の上下 視界の変化 眉と口角の位置

  ◎明るい声の時どうか?
  ◎暗い声の時どうか?
    ※喉(フエ)が上下 丹田の位置が変化 目が広くなる 声帯が開閉 響きのありなし

  〇結果型とそうした型と有る!(なってしまったものと、こうなるとしてやったもの)
    ※自分として、ここがこうなっていると感じとれるようになる事が大切!
  ◎明るい声(外)→外の空気を振動させる。(上が前 上の歯の奥をならす)
  ◎暗い声 (内)→体の中の空気を振動させる。(アゴの下又は一顎部分 舌骨か鎖骨)

  ☆響きはデリケートだから、やりすぎてはいけない
  ☆きちんと聴く事。出した音の判断は、自分が決めるのではなく聞いた人が決める
  ☆芸人はシンプルに考える事
  ☆言葉の意味や考えを聞かせようとしても、それを出した音は別のものになってしまっている
  ☆役者は音(声)を出さなくてはいけない
  ☆音(声)は明確に出して外に分かる事が条件
関連記事