FC2ブログ

俳優発声中級(7/11)                           《ことば系》

7月11日(水)俳優発声中級

[Ⅰ]個人でそれぞれストレッチ

[Ⅱ]講座(磯貝塾長)
  明瞭な音を作る為には、舌の位置が重要である(調音法)。更に、それを響きの
  良い表現の高い音を創る方法が「構音訓練法」である。子音の調音矯正ができた
  なら、構音を行う。

 <表現構音のための訓練>
  ①唇から吸い込んだ空気を口の中で奥行き深くふくらませてゆっくりと吐く。
  ②鼻腔から口の奥へ吸い込んでゆっくりと吐く。
  ③①、②を交互にくり返す。

  ◎うまくいくと、背面や後頭部に抜ける。「後ろが開く」という感覚をもつことが
   できる。

  ◎ボーカルキャビティ(vocal cavity)
   音のための口の中の広さを決めるのは、顎の柔軟性、舌の活発性、喉の運動性

  ・母音の響きからでも、子音の位置からでも、どちらからでも良いので、自分の
   得意な子音と苦手な子音を見つけること。結局は、母音がきちんとできないと
   子音もできない。

  ・声や言葉のことをするときに、ニュートラルになれるかどうか。専門家は、
   表現しなければならないから、プラスにもマイナスにもなれるように、常に
   ニュートラルを維持しようとする。

  ・磯貝メソッドは、俳優としてのあなたをニュートラルにするための方法です。

  <ニュートラルを持つ、ニュートラルになる>(個を消す)
         ↓
       表現のゼロ

◆本日の磯貝語録
 磯貝メソッドの訓練の第一は、各個人の声、言葉、身体、感覚のニュートラルを
 つかんでいくことである(表現や主張はその次)。
関連記事