FC2ブログ

俳優発声中級(10/19)                           《ことば系》

10/19 俳優発声中級

(1)ストレッチ(各自)
(2)喉合せ(磯貝講師)
   ◎音を聴く(発するより前に聴く生理を持つこと)
     ・俳優は幻覚・幻聴を覚えるくらいでなければ――Ex:音のイメージ(聴こえる) 
     ・出すと同じくらい受ける訓練が必要
       五感をたくさん使う(他の感覚とリンクして聴く)
   〇胸声(下顎下、前首の喉から、胸声を響かせる)
   〇「ウ」
   〇オオカミ鳴き  *この発声はかれない
     本物は喉・下顎を誇示する
     鳴りを息で送って響きに変える
    ☆響き→情緒感
(3)日本人を考える
   日本人の特徴:「皆で渡れば怖くない」、「恐怖」と「悲しみ」
(4)課題発表「地球が温暖化すると」
   ・五十嵐:熱くなるな、冬は雪を、一思いにやってくれ、どうなっても今を生きる
   ・戸村:情報化ばかり。映画―実感はどこに?夏、室内が寒くなる
   ・小池:防止策、一人でやっても…自分の生活の方が→自分も推進者
   ・村上:日本の四季がなくなる。なんとかせねば。自分はエコロジスト
   ・河内:冬が嫌いな自分にとっては〇 地球にとっては×
   ・河上:「レジ袋いりません」の勇気
   ・永田:実感が無いうちは…。死にたくない
   ・青島:人間に返ってくる。地球は黙って回り続けるだろう
   ・佐藤:エアコン業界がもうかる。人口の寒さで風邪をひくのがくやしい
  コメント
   ・山田:聴き手の反応を意識して喋る
   ・河崎:一般的過ぎて俳優としては面白くない
   ・磯貝:面白くない。想像力を。“俳優として”どう考えるか
       予感・幻覚・幻聴を使わないと生活レベルになってしまう
  本日のベスト:該当者なし
  次週のテーマ「あいまいな言葉」

 ◆本日の磯貝語録:自分を使い果たして自分でないものをやる
関連記事