FC2ブログ

歌・演奏(10/11)                          《音楽系》

10月11日(木)歌・演奏

講座テーマ:試演会
【1】各自でストレッチおよびリハーサル

【2】試演会
 <演奏の前に:磯貝講師>
  日本人は本番前に変な緊張をする。専門家には緊張は必要だ。
  歌い手は演奏中必要な緊張を保持し続ける事。抜けてしまってはダメ。
  演奏
   ①Aさん:Du bist wie eine Blume
   ②Bさん:In wunderschönen Monat Mai
   ③Cさん:Widmung
   ④Dさん:Du bist wie eine Blume
   ⑤Eさん:In wunderschönen Monat Mai
   ⑥Fさん:Widmung
   ⑦Gさん:In wunderschönen Monat Mai
   ⑧Hさん:Widmung

【3】講評と指導(磯貝講師)
 ①Aさん:間違えるのは緊張が足りないから。
       ドイツ語の語尾が次の言葉をつくる。どうすればねばった音楽に
       することができるか。小さな声でいい。声のボリュームで
       聴かせようとしない。細いチューブの中で全部やりあげる感覚。
       子音と子音の間に休みを作らない。
   *周りの人達は、歌い手がどこに自分を置いて歌っているかに
    注目すること。音楽は動くが自分の中にある軸は動いてはいけない。
    一本筋を通すこと。アンダーコードで。
 ②Bさん:16分音符が全部重たい。"da""die"が重たい。緊張が足りない
      せい。変なクセがついている。下顎に向かいすぎている。眉間と
      その裏側。この音楽で心地よくなること。1つのことに執着しすぎな
      い。自分の内面をもっと興奮させつつ穏やかになる。
 ③Cさん:ほどほどの緊張を作る。余分な緊張はしない。必要以上の声は出
      さない。緊張が高い。会陰まで緊張を下ろして放さないこと。
      中音域~低音域はアンダーコードで歌う。
 ④Dさん:下顎、奥歯と舌がくっつき気味。奥歯の内側と舌が離れているのが
       ドイツ語の発音。今までやってきたことと、口型、舌の位置などを
       合致させていくこと。
 ⑤Eさん:フレーズの終わりになると油断する。フレーズの終わりは
       次の始まりである。緊張を保つこと。口に近いところで歌っている
       ので、もっと胸で歌う。首の後ろに響かせる。
       前胸部分の響きが必要。顎に頼りすぎて語が遅くなっている。
       歌いかけて伝えようとするのではなく、自分の中にめいっぱい
       充満させること。
 ⑥Fさん:この曲はあわててはいけない。2分音符で作っていく。転調した後
      胸に向けて響かせる。口の奥は使ってよいが、横に広げるのでは
      なく縦に長く。メロディ好きで詩を好きになっていない。
      歌曲を練習するときはもっとポエジーに。
 ⑦Gさん:前奏の間に自分の身体の至る所を同じ強さで緊張させること。
      それを演奏の間絶対に放さない。内の音楽はどんどん動くが、
      それに合わせて身体の緊張の箇所が動かないように。
 ⑧Hさん:音楽の動きはうまくなってきた。言葉に対する執着がもっと欲しい。
       自分から放してしまわないように。もっと自分が歌のリズムを
       作っていく意識で。伴奏との掛け合いを楽しもうとすること。

 【総評】
 ・全員、音楽は確実に良くなってきている。これからは、どのように自分の
  スタイルの演奏を作っていくか、というステージに入ってきた。
  これからはもう悪いところを直すのではなく、良いところを積極的に伸ばして
  演奏として提供できるものを作る。
 ・皆に足りないのは"意欲"。音楽が鳴ってきた時に湧き上がる意欲がほしい。
  言葉は歌うように語れること。

◆本日の磯貝語録
 ドイツ歌曲は歌いすぎない、大声を出さない、言葉の響きを主に。
◆本日の感想
 今日選んだ1曲は、あと1000回歌えない。だから本気で歌うこと。
 口と喉を離すことは大変難しい。
関連記事