FC2ブログ

歌発声初級(10/20)                        《音楽系》

10月20日(土)歌発声初級

講座テーマ「発声法 息の流し方~テキスト①」

[1]準備
 ・うがいのように-舌先浮いて、狭く口の中に息を吐く→軟口蓋で
 ・腰から前に身体を倒す-特に首→ロールダウンとひざ伸ばし。
 ・股割り-鼻から息を入れて、お腹にしっかり入れる

[2]中心をとる。重心を取る。<感覚>
 踏む→重心を感じること
 ・重力を浮かせておいて、ドン(片足)
  ※足上げるとき中心がずれ過ぎない。上げる足にも重力を残す。
   身体のどこに乗っているか。乗っている場所を見つけてみる。
   足の裏に気が集まるのを感じる。
 ・2拍子で踏む。≪拍の実感≫
  この感覚をもって、下半身1mm動かすことで拍子をとる(揺れすぎない)
  ※拍の前をとること(踏む前に浮かせる動作)が大事。→裏をとる
 ・重心が下にストンと抜けていること。
 ・拍を分離できること(レガートではあるが・・・)

[3]歌唱
 ♪コンコーネ5番(裏拍の滞空時間があること)
  ・裏拍をとる→裏拍を歌う
  ・ギリギリ足が浮くように(踵かつま先)しながら歌唱→丹田で支える
  ・自分の中で興す
  ・音楽によって裏の取り方は変わってくる。
  ・裏は次のため。(楽譜…次の音をみる。次に向かっていく)
   ※音の準備は鼻で(鼻骨まで上げて)

 ♪コンコーネ8番(イスに座って、重心は丹田)
  ・半音下降部(29小節~) 目頭~鼻骨。水平面で。落としてしまわない。
   ※半音の間隔は実は同一ではない。(同じ統一したのが平均律)
  ・鼻先や目のところで半音を取る(ピノキオの鼻のように)
  ・音程は前後で取る。トロンボーンのように(上下着で音取りしない)

 ♪Nel cor più non mi sento
  ・階名(立って)。母音・・・個々に出しやすいもので。
  ・音程の作り方。響きで決まってしまう。
  ・「ド」に入る前の2拍で音を作っておく。
  ・母音唱法…メロディが変わる⇒レガートの響きづくり
   メロディ作り=前につくる。ラインをはっきり作る
          (このラインに乗って歌詞をつける)
  ・イタリア語(カタカナでよい。但し、縦口で)
  ・ダブル母音「gio」 「ジョ」に近い
   ※上あご前 広く取る(→できたら後ろを広くする)
  ・2ページ3段 pietà tàにアクセント
  ・Nel 狭く
  ・「n」「m」鼻を響かせて。
  ・「chi」→「チci」縦口のまま「chi(キ)」
  ・最後 disperar←巻く・・・・下に落とすと暗くなってしまう
 2~3人ずつ歌ってみる
  ☆音や言葉をまず音楽としてつかむ

◆本日の磯貝語録
 ・技芸とは・・・自分の身体で実感して発見。それを人に供して批判を受けて
  うまくなる
 ・リズム打ちは裏打ち(太鼓)…結果ではなく原因を作り、そのエネルギーを
  実感する

◆本日の感想
 「Nel cor più non mi sento」をイタリア語でついに歌った。まさか我人生で
 イタリア語を発する日が来るとは思っていなかった。けれど音楽を通し、一つ
 人生初のことができた。稽古を重ねてゆく中で、音楽もイタリア語も少しは身
 につくとよいなぁ・・・と思うのでした(T・T)
関連記事