FC2ブログ

俳優発声実践(10/11)                      《ことば系》

10月11日(木)俳優発声実践

講座テーマ「情の言語、意の言語  入情ということ」

[1]日本語と情の特性(磯貝講師)
 ・情は受身:刺激に対して装置が動く。間の影響が大。
 ・日本語は:自分を立てる必要がない。自分を消す構造。主体が見えない。
       割愛したエネルギーが「情」になる。
 ・日本語の研究:どんな社会・感情を生み出す構造なのか。
   借り物の哲学、漢字をベースにやって来た。
   日本語の性質を理解してグレードをあげる。「独特」ではすまされない。
 ・個と全体の両軸がある哲学を実論検証するのが音声言語。
 ・個と全体が適当に都合よくすりかわる曖昧さが今の日本語。
 ・日本人の心性が日本語をつくる→感情移入特性の強い言語構造。
 ◎自分の心にひきつける。事実よりも大事。喋り言葉は特に自己心理的

[2]「情の音声」を考える  言葉の扱い方、つかまえ方、置き方から
 長唄、新内、端唄、小浄瑠璃等は情の音声傾向が高い

 ◎口の中が湿っぽいと良い。色情「濡れ場」 乾いてはダメ。
      潤っている。温度感と湿度が必要。平温±2度の揺らぎ。
 ・現代語は乾いてる。
 ◎《情の音声学》→軟口蓋にためるしゃべり。両奥歯の後ろ側。
 ・口の奥が開いて動く形。茄子のような口型:奥が深く声を溜められる。
  日常は前か奥
 ・あまり奥すぎないで軟口蓋に集める。少しカン高い声になる。
 ・のどをいつも湿らせておく。発声法と呼吸法が入要。
  その中で場所を変えて声を変える。
 ・情は直接的でなく表面的でなく、奥に沈んでもいない。
  情は理屈っぽくない。形容詞、形容動詞、副詞的。
 ・身体的だが筋肉的は多く水分を含んだ声
  それでいてビンビン響く発声法。

[3]落語「崇徳院」で情を読み出せるかの演習。
 ・頭蓋骨をひびかせる。吐き出さない。広げない。
 ・湿気を逃がさない。しゃべる(台本の字を読まない)
 ・強い声を出す。頭蓋骨と軟口蓋と喉にあつめる。ふくらむ。
 ・若旦那が病気を白状する部分を各自やる(熊はとばす)
 ◎<色っぽいセリフ>女は男っぽく、男は女っぽく。 しめっぽく。
  色気。色には品(しな)がある。声帯を細く、なよなよとした声。
  しめるのとは違い、メリハリはある。

 ◎情のポジションをみつける。
  息が流れる。糸のようなセリフを出す。

 次回 崇徳院と着物

◆本日の磯貝語録
 日本語の構造・性質を理解して日本語のグレードをあげる。
 情のポジションをみつける

◆本日の感想
 和室がとても素敵な空間で心地良かった。自分は色気がないなぁとしみじ
 み感じました。 情のしめっぽさが欲しい。(K・T)
関連記事