FC2ブログ

俳優発声中級(10/31)                     《ことば系》

10月31日(水)俳優発声中級

講座テーマ「音声とセンテンス」

[1]個人ストレッチ
 身体の状態をつかむこと。
[2]上顎を使った音声を捉える(磯貝塾長)
 ①上の前歯に「い、え、あ、お、う」を当ててみる。
  音を聞いて音からもらうように響きをつける。
  口の中の響きを大きくしようとすること。
 ②頭蓋骨解体図を見て上唇と上顎の関係を見る。大切なのは、オトガイを
  締めることで鼻が通り、のどが開く!!
  鼻とノドは一対(口は邪魔するためのものだから、横に開いたりしない)
 ③音声・ことばの芸で必須の共鳴区は上顎共鳴である。
 ④テキスト‘雪おんな’を上顎音で読む。読む場合、読み手の立場(雪女、
  巳之吉、地の説明etc)はっきりさせる読み方をすること。
  読んでいる立場の音声を作ることが大切。

 ・書いてあることをしっかり読むこと。ビジュアルなイメージを想像して読むの
  ではなく、実体にまでおとすこと。
 ・身体がどんな状態なのか、語からもらうこと。
 ・時間経過を身体でつくる。呼吸、息、気。全てを使って考えて読む。語の
  実体を作ることができるかが鍵である。聞いてる客に向けて出すんだから、
  客と同じイメージで読んではいけない。
 ◎語を音声化することで、その語の持つ意味や感情を実態化させる。

◆本日の磯貝語録
 ◎意を綴った文は語の綴りでつくり、音声の身体実態で具体化する。
 母音でその人のインテリジェンスが分かる。

◆本日の感想
 改めて、体→声→語→文章の構造のつながりを考えさせられました…。
 頭でつい文章から入りたくなるのを、体の実感に引き戻すのだ!!
 Words words Words. voice Voice voice!!(T・T)
関連記事